記憶の持続 自己の持続 (身体とシステム)

著者 :
  • 金子書房
3.60
  • (2)
  • (2)
  • (6)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 23
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (219ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784760895168

作品紹介・あらすじ

「私」という存在は、「もはやない」過去と「いまある」現在とをどのように関係づけ、どのように調整するのか。「過去の私」と「現在の私」との関係としての記憶と忘却をめぐる、革新的な研究の幕があく。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • [ 内容 ]
    「私」という存在は、「もはやない」過去と「いまある」現在とをどのように関係づけ、どのように調整するのか。
    「過去の私」と「現在の私」との関係としての記憶と忘却をめぐる、革新的な研究の幕があく。

    [ 目次 ]
    1章 知覚と記憶を繋ぐもの・分けるもの
    2章 過去の記憶は貯まらない
    3章 過去×現在のダイナミクス―断酒会を例に
    4章 忘却の新しいかたち―「持続と変化」という視点から
    5章 記憶の真偽と変化
    6章 「正しい」記憶を巡る他者もしくは社会システムとの対話
    終章 ひとの記憶をめぐって

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • 「脳と身体の動的デザイン」と同じ金子書房「身体とシステム」シリーズ。

全3件中 1 - 3件を表示

松島恵介の作品

ツイートする