学力とトランジッションの危機―閉ざされた大人への道 (お茶の水女子大学21世紀COEプログラム―誕生から死までの人間発達科学)

  • 11人登録
  • 3.00評価
    • (0)
    • (0)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
  • 金子書房 (2007年12月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (206ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784760895243

作品紹介

社会的「再生産」のメカニズムを問う。いま、大人になるためのトランジッション(移行)の過程が、多様化、複雑化している。家族、学校を巻き込んで深化胎動する格差社会日本において、子どもから大人への道を開く方策を探る。

学力とトランジッションの危機―閉ざされた大人への道 (お茶の水女子大学21世紀COEプログラム―誕生から死までの人間発達科学)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • [ 内容 ]
    社会的「再生産」のメカニズムを問う。
    いま、大人になるためのトランジッション(移行)の過程が、多様化、複雑化している。
    家族、学校を巻き込んで深化胎動する格差社会日本において、子どもから大人への道を開く方策を探る。

    [ 目次 ]
    第1部 学力形成の社会的メカニズム(だれが学力を獲得するのか;パフォーマンスと学力―算数・数学学力調査でなにをどう評価するか?;国語学力の空洞化と再構築;学力調査の意味するもの―学力調査は学習指導の改善に役立つのか;行動遺伝学からみた学力)
    第2部 家族関係と青少年期の発達(家庭は学校適応にどんな影響を与えるか;父親と青少年期の子どもの発達―父親は子どもの社会性にどのような影響を与えているのか;親元を単立つということ―青年期の離家を現象学的に理解する試み)
    第3部 子どもから大人へのトランジッション(進路指導の原点をさぐる―歴史を通底するもの;大人への回路を開く―ペダゴジーの再構築へ向けて)

    [ 問題提起 ]


    [ 結論 ]


    [ コメント ]


    [ 読了した日 ]

全1件中 1 - 1件を表示

耳塚寛明の作品

学力とトランジッションの危機―閉ざされた大人への道 (お茶の水女子大学21世紀COEプログラム―誕生から死までの人間発達科学)はこんな本です

学力とトランジッションの危機―閉ざされた大人への道 (お茶の水女子大学21世紀COEプログラム―誕生から死までの人間発達科学)を本棚に登録しているひと

ツイートする