子ども期の養育環境とQOL (お茶の水女子大学グローバルCOEプログラム 格差センシティブな人間発達科学の創成)

制作 : 菅原 ますみ 
  • 金子書房 (2012年8月1日発売)
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • 10人登録
  • 2レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (169ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784760895342

作品紹介

世帯年収、親の養育態度、メディアへのかかわり方、発達障害との関連、地域の保健サービスのあり方などは、子どもの発達や健康にどのような影響を及ぼすのだろうか。子どもの幸せを「測定」することから、格差社会における子育ての課題と支援の方向性をさぐる。

子ども期の養育環境とQOL (お茶の水女子大学グローバルCOEプログラム 格差センシティブな人間発達科学の創成)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 配置場所:摂枚普通図書
    請求記号:371.4||K||1
    資料ID:51600825

    子ども自身が感じるQOLを適切にとらえ、養育環境の改良をめざした研究を紹介しています。
    (精神看護領域 推薦)

全2件中 1 - 2件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

子ども期の養育環境とQOL (お茶の水女子大学グローバルCOEプログラム 格差センシティブな人間発達科学の創成)を本棚に登録しているひと

ツイートする