女を味方にしてこそ男は大きく伸びる―女性に信頼されるコツもてるコツ

著者 :
  • かんき出版
3.15
  • (1)
  • (5)
  • (10)
  • (4)
  • (0)
本棚登録 : 63
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (219ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784761261726

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 自己投資の方向性を間違えないために。

    ■経済力、身体力、会話力
    ■25歳すぎたら体を鍛える
    ■yes ,but法
    ■類友理論を打破する。

  • 女性を味方にできれば、人生を楽しく過ごせそうだ

    あとは実践あるのみ

  • これ結構おもろーでした。

  • 女性を統括する今の役職に付いてから読み返した本。

    【★3つ→★5つ】へ。

    単なるテクニック本ではなく、人類の起源から考える理論、日々の仕事の中で感じることとリンクするためになる本。

  • 男は狩猟脳で女は採集脳だという仮定に基づいて議論を展開している。根拠のわからない仮定から展開していることからも良くわかるとは思うけれど、論理の説得力は乏しい。ただ、書いてある内容には実用性がある気がします。

  • 05/05/29購入。帰りの電車で読んだ。

全8件中 1 - 8件を表示

著者プロフィール

1932年、北海道北見市生まれ。東京農業大学、早稲田大学卒業。東京農業大学大学院博士後期課程終了。医学博士、農学博士。外資系企業の医療機器メーカー役員を経て、作家、栄養生化学者、健康科学者として活躍。長年にわたって抗老化(アンチエイジング)、心と体の制御関係について研究をすすめ、科学から捉えた人生100年時代の生き方論を提唱した。特に、大脳・自律神経系と人間の行動・言葉の関連性から導き出して提唱していた「口ぐせ理論」が話題を呼ぶ。全国各地で講演した「口ぐせ理論実践塾」セミナーは絶大な人気を誇り、全国で多数のファンを動員した。2012年没。

「2017年 『口ぐせ博士が教える 幸福をつかまえる考え方』 で使われていた紹介文から引用しています。」

佐藤富雄の作品

女を味方にしてこそ男は大きく伸びる―女性に信頼されるコツもてるコツを本棚に登録しているひと

ツイートする