仕事で本当に大切にしたいこと

著者 :
  • かんき出版
3.35
  • (7)
  • (13)
  • (25)
  • (3)
  • (3)
  • 本棚登録 :119
  • レビュー :18
  • Amazon.co.jp ・本 (219ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784761261771

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • チェック項目16箇所。人生が思い通りにならない理由の一つは自分探しができていない、仕事に追われて自分のことを真剣に考えることが少ない。自分が本当にしたいことが見つかればその夢に向かうエネルギーは倍増される。「転職を恐れることはない」、自分は何を求めているのかを常に自問し、その答えを探すために、今はいろいろな経験をしているのだと自覚すること。没頭しきれるものを持った人は幸せ。自分はどういう人間なのか、自分の夢や社会的な役割とは何か、問いを自分に投げかけ自分についての情報収集をする、記録する、そのときどきの思いを保存することが大切。弱みがわかれば「避ける」ことができる、エジソンは自分の知識の足りない部分を補うために優秀な科学者や技術者を雇った。「自分にはできない」というのは思い込みです、なぜできないのか、それはやらないだけではないか、自分に問いかけてみる。「君の最も大切な仕事は、次の社長を選ぶこと」・・・会社はお客様のためにある。好きな、得意な、人生観に合った仕事(夢)にする。「学ぶとは、努力ではなく、好きだからという探究心である」(アインシュタイン)。「人間が日々充実した生活をおくるためには、簡単には実現しないような大きな夢を設定しておく必要がある。」・・・夢が簡単に実現できてしまうとそこで気力を失ってしまうから。宝くじですら当選するには継続して購入する必要がある、努力の継続こそが幸運を手にする最上の方法。結・起承転結で伝える。今日は人生で最も重要な一日である。

  • 【気付き】良い習慣を身に付けること
    自分の人生は習慣がつくる。
    良い習慣は自分の心身を強化してくれる。
    毎日鍛えることで、最高のパフォーマンスを発揮できる自分であり続けられる。

    【感想】
    良い習慣を身に付けることが大事という、心身改善について記載。
    自己改善ものとして、なるほどと思いながら読めた。

  • 他の社長のビジネス本と違い、自慢付きの自伝のような内容ではなく、とても身にしみる内容。
    また、読みやすいのもいい。
    難しいことや変わったことは書いておらず、内容も納得?出来ることばかり。だけど、読むといろいろ気づかされる。
    時々読み返して、自分を見つめ直したいと思う。

  • いつも変革する気持ちで仕事をしようという気持ちが出てきた。実際仕事をされてるなかで考えられたことと思える。

  • 「今日という日は人生のうちで最も重要な日だ。」この言葉を30回自分に言い聞かせてから仕事に入る。

    毎日1回ずつ回数を増やしながら腕立て伏せを続けていく

    教師のパフォーマンス学入門
     自分が自分を見る目
     自分が相手を見る目
     相手が自分が見ていると感じる自分の目
     相手が自分自身を見る目
     相手が自分を見る目
     自分が相手を見ていると感じる自分の目

    毎日一行ずつでも日記を書きつづける

    自信がないの背景
     知識が乏しいから自信がない
     技術的に未熟だから自信がない
     自信がないのではなくてやる気がない
     やる気はあるけどやる勇気がない
    どこが不足しているのかを見定めて対処法を考える

    本は読むだけでなく必ず書き出す

    人脈・・こちらが相手にとって価値のある人間でなくてはならない。
     しっかりした道徳心、倫理観を持っていること
     素直、実直であること

    自立と自律 自分の人生をコントロールして生きようとする人は、こうした緊張感ある関係を常に意識の隅においておく必要がある。お上まかせ、会社まかせの姿勢では人生の舵取りはできない。自分の中に正しい規律を持って自分の足で堂々と立って歩いてみせること。これが自分の人生をコントロールする生き方。

  • 相当良かった。あと50回くらい読んでマインドをそのまま自分にすりこみたいくらい。

  • AFLACの創業者、大竹美喜さんが書いた、経験に基づく人生アプローチ本。グリニッジ図書館の日本語コーナーにあったので借りてきました。転職なんてどんどんすればいい、というのは、本当に夢があったり、見つけられる人にはいいアドバイスだが、結局自分に向いているかどうかの判断もつかない人にはベストなアドバイスではないのかも。彼の言うことをすべてプラスにするためには自分の軸がきちんとしていることって、必要なんだろうなあと思いました。

  • 人生に遅いと言うことはない。
    自分がどうなりたいのか考えさせられる。

  • 1日5分、自分との対話をする
    自分をよく知る、弱みは避けて人に助けてもらうこと、謙虚になることも大切
    なりたい自分をイメージしてステップを具体化する
    夢をビジュアル化する
    朝の時間を有効活用
    多くの人に役立つ仕事なら成功する
    変化を恐れない
    「今日は人生で最も重要な1日である」

    新しい気づきや発見、ひらめきはなかったけれど良い本。

  • よいことを書いているんだろうけど、私にはいまいち響かなかった本です。結局どこかでみたようなことが、違う文章で書かれているといったところです。
    ただ、結構シンプルで読みやすい部類の本なので、この手の本を初めて読む方にはとっつきやすい本だと思います。

全18件中 1 - 10件を表示

大竹美喜の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
デール カーネギ...
ロバート キヨサ...
エリヤフ・ゴール...
有効な右矢印 無効な右矢印

仕事で本当に大切にしたいことを本棚に登録しているひと

ツイートする