一番最初に読む簿記入門―「仕訳のしくみ」と「決算書の読み方」が一目でわかる!

  • 12人登録
  • 3.50評価
    • (1)
    • (0)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 中島清視
  • かんき出版 (2004年7月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (223ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784761261917

一番最初に読む簿記入門―「仕訳のしくみ」と「決算書の読み方」が一目でわかる!の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ☆$$簿記を慣れでなく、論理的に捉える発想は良く、$$序盤はとても為になった。$$だが、中盤以降急激に難しくなった。$$再読してから再度評価したい。

  • 簿記の入門書。2004年。仕分けから始まり、財務諸表の読み方までを丁寧に解説してくれる。特に、概念図がわかりやすく、まったくの素人でもイメージしやすい。これまでいくつか簿記、会計の本を読んでみたが、そのなかで最も理解しやすかった。入門書としてお勧めの1冊。

全2件中 1 - 2件を表示

中島清視の作品

一番最初に読む簿記入門―「仕訳のしくみ」と「決算書の読み方」が一目でわかる!はこんな本です

一番最初に読む簿記入門―「仕訳のしくみ」と「決算書の読み方」が一目でわかる!を本棚に登録しているひと

ツイートする