3分間日記―成功と幸せを呼ぶ小さな習慣

著者 :
  • かんき出版
3.55
  • (16)
  • (42)
  • (62)
  • (5)
  • (0)
本棚登録 : 259
レビュー : 53
  • Amazon.co.jp ・本 (223ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784761262488

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 友人が日記を書き続けてるのを知り、読んでみた一冊。
    日記を書くことにより、目標を意識する、負の感情を追い払える、周囲に敏感になれる。
    朝は、長期、短期目標、やりたいことを書き、寝る前に、今日のできごと、感謝、成功法則・学びの言葉を書く。
    とりあえず今日から始めてみよう。まずは2週間。

  • これを実践すれば、目標達成のために毎日何をするかを意識しながら過ごせそう。

  • 新しい年になったし、日記でも書いてみようかなと。日記の効用とか続けられるコツとかを期待したのだが、途中から自己啓発セミナーチックになってきて、ちょっと引いた。4章以下は蛇足だ。
    まあでも今年はまた日記を再開してみようという気にはなった。

  • 3分間の日記を習慣にすることで、成功と幸せが手に入ります。
    ただ書くのではなく、目標ややりたいこと、出来事、感謝、学びを具体的に書くことで結果がでます。
    良い習慣を身につける大切さが、よくわかりました。
    続けることができるか、とても不安だがはじめてみよう。

  • 実践してみたいと思う内容

  • 説得力抜群ですぐ感化されました。日記は何度も挫折しましたが、もう一度やってみようかな。

  • 前半では日記を書くことの良さと書き方が中心。"夢(目標)を書くことで実現する"と言うのは他の本でも良く書かれている。しかし、それについて簡単に実現できることを書く→実現する→書く→実現する・・・と実践することで、実現できるのであると言う主張が非常に分かりやすい上、納得感があって良い。
    後半はどちらかと言うと精神論になってきている。前向きな考え方、笑顔でいること、感謝すること等、他の本でも何度も書かれていることを、具体例を挙げながら書かれている。
    問題は、そういった心持ち(心質)でもって日記を続けられるかだと思うが、その根本の日記に続け方は分からなかったのが残念。
    3章と6章さえ読めば、本書のエッセンスは読み取れるので、時間がなければそこだけでも充分。

  • ・日記を書くだけで心質が良くなる。心質が良くなると、成功と幸せが寄ってくる
    ・日記に書くネタを探すために自然に周囲に敏感になる
    ・とにかくやりたいこと、欲しいもの、ありたい状態等、ありったけ書き続ける
    ・何々したいと書かず、何々していると書くと前進する。
    ・事実は変えられないが解釈を変えられる。
    ・起きて寝るまで感謝を探しまくる。
    ・自分だけの成功法則を作ること
    ・心質は言葉や動作、表情、感情などの生活習慣によって変化する。
    ・成功や幸せを手にするためには、まず自分の表情を大切にすること。
    ・悪い言葉は、心質を悪くする
    ・何かを成し遂げたいなら、それを書いて、見て、口にして、アクションしろ

  • 日記についての記述は半分。後は啓発本の内容となっている。
    日記に書いた夢が実現するということは俄かに信じがたいが、とにかく実践してみよう。

  • 日記に書く内容は

    1.目標
    2.やりたいこと
    3.今日の出来事
    4.今日の感謝
    5.成功法則・学びの言葉

    1、2を朝書き、3から5を夜書く

全53件中 1 - 10件を表示

3分間日記―成功と幸せを呼ぶ小さな習慣のその他の作品

今村暁の作品

3分間日記―成功と幸せを呼ぶ小さな習慣を本棚に登録しているひと

ツイートする