手にとるようにわかるM&A入門―会社を揺さぶる「合併・買収」!

著者 : 久保理
  • かんき出版 (2005年7月19日発売)
3.13
  • (1)
  • (4)
  • (16)
  • (3)
  • (0)
  • 本棚登録 :67
  • レビュー :12
  • Amazon.co.jp ・本 (191ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784761262693

手にとるようにわかるM&A入門―会社を揺さぶる「合併・買収」!の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 本当に入門、らしいが知らないことだらけで勉強になった。
    様々なM&Aの方法、一般的なメリットとデメリット、M&Aをするときの注視点などから、今まで何の気なしに見てた○○と××が合併しましたというニュースも、その裏にどんな期待や戦略があるのかを考えられるようになると面白いなと思う。

  • さらっと読める。自分のようなM&Aの知識がない人にはよいけど、本当にさわりだけ。

  • ちょっと入門過ぎた。

  • 「入門」と名がつく本ほど、難しかったりするが、この本は本当に平易に書かれているので、M&Aに初めて触れる人にはお勧め。逆に初めてじゃない人には、易し過ぎて、お勧めできません。

  • タイトル通りの完全に入門書。図を多用している上、文章も平易で分かりやすい。
    仕事で話を聞いてわからなかったことがわかった。まぁ、こんなレベルの理解では仕事では使えないけど。だからもっと勉強するけど。少なくとも会議の意味はわかるからOK。

    途中から作者の自由主義的な思想が入り交じってくるが、それもご愛嬌。

    この本で学んだこと:「パックマンディフェンス」(買収を仕掛けてきた相手を逆に買収しちゃうこと)は激アツ!攻撃は最大の防御、か。

  • 入門書籍としては、難しい。事前知識が必要あり。

  • 導入研修時に3分間スピーチのネタにと思って買った。
    絵が多くて分かりやすいが、一応経営学部出ている人間にはやや物足りない内容。

  • わかりやすかった。投資銀行志望やなくても一回勉強しといた方がいいと思う。

  • まさに入門書!
    M&Aが流行り、ホリエモンが注目を浴びだした頃に読んで、役に立ちました。

  •  入門としては、知識ゼロからのM&A入門 のほうがお勧め。
     抽象的な話が多いからか・・・

全12件中 1 - 10件を表示

手にとるようにわかるM&A入門―会社を揺さぶる「合併・買収」!はこんな本です

ツイートする