手にとるようにわかるインド―経済・産業から社会・文化まで超大国のすべてがここに

著者 :
  • かんき出版
3.33
  • (1)
  • (1)
  • (7)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 23
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (219ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784761263058

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • インドに再び関わるにあたり、インドについて、知らねばならぬと、いまさらながら入門本。いまさら!

  • 以前読んだインド流!でインドに興味を持ち、次にインドの今を知ろうと
    いう中OAZOの1Fで発見。。

    またこれが分かりやすい。。
    しかも政治経済から文化、社会生活に至るまで幅広く書かれていて広く浅く
    知るにはちょうど良かった。。

    今本当に成長している注目の国です!
    あと、ヨガをやっていることもありインドの宗教・哲学なんかにも興味がわい
    てきました。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

神奈川県立横須賀高等学校出身。慶應義塾大学経済学部卒業。浜銀総合研究所入社。1999年日本経済研究センターへ出向。2000年シンガポールの東南アジア研究所(ISEAS)へ出向。2005年6月まで第一生命経済研究所経済調査部主任エコノミスト。2005年7月からBRICs経済研究所代表。2007年同志社大学大学院非常勤講師。日本で初めて地下経済の研究に取り組み、地下経済に関する著作も多数発表している。またワーキングプアの啓蒙書も多数発表。BRICsに続く経済発展が見込まれる国々として、ベトナム・インドネシア・南アフリカ・トルコ・アルゼンチンを総称したVISTAという造語を提唱した。

「2018年 『日本の「地下経済」最新白書』 で使われていた紹介文から引用しています。」

門倉貴史の作品

ツイートする