親子の間のとり方

著者 :
  • かんき出版
2.67
  • (0)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 14
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784761263799

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 一言で言うなら、「精神科医の著者が、実際に診察した事例を混じえて、歪みゆく現代の親子関係に警鐘を鳴らす」って感じでしょうか。ああ、うちもあり得るなぁ、と、耳が痛い部分もあるし、いやいや、いくらなんでもそこまではないだろうなぁ、と思う部分もある。
    しかし、不登校や暴力、ノイローゼなどのメカニズムを知る意味では、とてもわかりやすい本だと思う。
    さらには、健全な親子関係を育むための具体例もあるので、私もいくつか試してみようと思う。

  • 内容としては、心理学的な話や子どもの年齢ごとの事例はあるが母親中心の話や何か別のことに注意を向けようといった解決策が多かった。間を取ることの具体的なやり方とかあるかと思ったけどそうでは無かったのが残念。

全2件中 1 - 2件を表示

山田禎一の作品

ツイートする