夢をかなえる投資塾

  • 34人登録
  • 3.20評価
    • (2)
    • (0)
    • (7)
    • (0)
    • (1)
  • 4レビュー
著者 : 逢坂ユリ
  • かんき出版 (2006年12月5日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784761263966

夢をかなえる投資塾の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 資産10億の方が書かれた投資の本です。
    外貨預金やインデックスファンドの積立や純金積立など、浅く広い投資の入門書という感じです。

    「金・ダイヤモンド・現代アート」について書かれてあるのも他の投資本とは違いおもしろいですね。

  • この本が出版されたのは2006年12月。
    円安・株高の時代です。

    本書で、「3年でポートフォリオを組み替える」と書いているように、今この本で書かれている戦略で使えない部分もあります。

    例えば、105円を切ったら米ドル預金、120円切ったらユーロ預金を勧めていますが、外貨預金よりはMMFだろうと思います。FXも勧めていますが、どちらかというとギャンブル臭がしました。

    また、株については、配当優待狙いはダメと説いています。理由は配当が1,2%と低いから。複利の観点から良くないという判断です。でも、今では5%近い配当を出す株が結構あります。絶対ダメだとはいえないと思います。


    逆に、下記の考えはとても有効だと思いました。

    ・株は2倍を目途に売却
    ・複数銘柄でポートフォリオを組む
    ・割安な銘柄を買う

    全体的に読んでみて、初心者にも入りやすい本だなという印象です。偏った考えもなく、押しつけ感もあまりないです。

  • ○優良銘柄を割安で手に入れる
    相場全体が下げている時は、優良銘柄も値下がりする。

    ○外国為替でキャピタル・ゲインを狙うなら?
    ・経済成長率をチェック
    ・通貨の変動要因や経常収支、資本収支の状況も大事
    →経常赤字の国が黒字になれば、その国の通貨は買われる
    ・過去5年の為替の動きをチャートで調べて、最安値、最高値を覚えておく
    ・自分の損益分岐点をはじき出す

    ○12月初旬は円安・外貨高。2~3月末は円高傾向。
    ・ボーナスシーズンの外貨キャンペーンを見越し、外国人投機家が11月下旬より先行投機。→外国人投機家は早々に売却。利益確定。円高・外貨安。
    ・3月決算末を前にした日本の機関投機家(銀行・生保)の利益確定売りの動き。外貨→円。

    ☆参考程度に。

全4件中 1 - 4件を表示

逢坂ユリの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
デール カーネギ...
トニー・ブザン
ロバート キヨサ...
デール カーネギ...
小山 龍介
有効な右矢印 無効な右矢印

夢をかなえる投資塾はこんな本です

ツイートする