出会って1分で相手の心をつかみなさい 人づき合いが上手になる話し方

著者 :
  • かんき出版
3.00
  • (1)
  • (4)
  • (12)
  • (4)
  • (1)
本棚登録 : 47
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784761264147

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ・相手に好意を持つ
    ・餌をまいて共通点を探す
    ・尊敬できるところを探す
    ・身銭を切る
    ・次回の約束はすぐに予定を組む
    ・八割共感、二割自己主張

    ・会社ではなく個人として話す
    ・能力「影響力」「効果」「実績」「経験」「対応の速さ」を示す
    ・声のトーンを同調する

    ・オアシス言葉をキチンという お願いします、ありがとう、失礼します、すみません
    ・小さい褒め言葉をたくさん何度も使う
    ・例え話をうまくする
    ・相手の不安を取り除く
    ・1153の法則 
     1分:自己紹介
     1分:補足説明
     5分:メインの話
     3分:雑談(不安を聞き出して、取り除く、宿題にする)

  • 自分には合わなかった

  • 相手の心をつかむ話し方などなどの本、というよりは、自分の売り込み方の本であった。

  • 人づき合いが上手になる話し方の秘訣を述べている。以下、個人的な備忘録を記しておく。

    ・どんな知識や実績も「人間関係」には勝てない。
    ・相手を好きになれば、人間関係がうまくいく。
    ・人間関係が良くなれば、チャンスも評価も得られる。
    ・自分を安売りしないための八対二の法則
    →八割は同調し、二割は意見や反論を。
    ・信頼を得るには、言い切りと根拠をセットで話す。
    ・現在のメリットだけでなく、未来のメリットも伝える。
    ・「ありがとう」、「お願いします」、「すみません」の言葉を使えば人間関係はなんとかなる。
    ・小さいことを具体的に機会多くほめよう。
    ・比喩の使い方ひとつで人の評価はアップする
    ・要約と質問でペースをこちらへ引き込む
    ・メモを取ること
    ・自分のキャラを一言で伝えるキャッチフレーズを用意する
    ・見た目が9割は本当
    ・多角型人間のすすめ
    ・スピーディに仕事をこなす

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

文化放送プロデューサー。政治・教育ジャーナリスト。1962年愛媛県生まれ。早稲田大学教育学部卒業。同大学院公共経営研究科修了。現在、京都大学大学院法学研究科博士後期課程在学中。報道ワイド番組プロデューサーやニュース解説を務めるかたわら、政治や教育問題を取材。執筆や講演活動も行っている。著書に、ベストセラー『頭のいい子が育つパパの習慣』など多数。

「2017年 『2020年からの大学入試 「これからの学力」は親にしか伸ばせない』 で使われていた紹介文から引用しています。」

清水克彦の作品

ツイートする