35歳までに年収2000万円になる

著者 :
  • かんき出版
2.60
  • (1)
  • (2)
  • (9)
  • (4)
  • (4)
本棚登録 : 35
レビュー : 11
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784761264376

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 結局、スカウトしてる企業の宣伝。

  • 古本でタイトルを見て買ってみましたが、実際に2000万にするのはほとんどあり得ないと思います。これまでの希望者側からのアプローチによる転職活動ではなく、企業側からのアプローチによる転職を推奨しています。しかし人材バンク等への登録はある程度希望者側からしかできませんし、その前に管理職や取締役などのエグゼクティブになっていないと企業からのアプローチはなかなか無いのではないでしょうか?

    転職の心構えとしての、逃げの転職の否定などは共感をしました。しかしタイトルのようなことはほとんど可能性がないと思うので評価は低くなりました。

  • いま日本で35歳までに年収1500万円以上の人は1/1000人と言われている。人によって最適なキャリアパスとは何か。裁量権と収入を充実させるために、同じ会社で頑張ったほうがいい人、求人サイトや人材紹介などで転職したほうがいい人、スカウトされたほうがいい人との違いは何か。


    よーし
    そうなれるように日々努力だ!!!!

  • ☆目的☆
    大きく二つ
    ・企業研究
    ・ヘットハンティングと人材紹介の違いを深く理解したかったため。

    ☆感想☆
    ○得たもの
    ・目的達成の点では、とても参考になった♪
    ・阪神タイガースやメジャリーガーなどの野球に置き換えた例え話がとてもわかりやすかった!
    ・「仕事よりもゴミの捨て方で、デキる人がわかる」という話は、とても共感した。著者の人間としての魅力や洞察力が高いことが伺えた。

    ・印象に残った言葉
    「ビジネススキルは、人格の上に形成されるもの」


    ×悪かった点
    ・タイトルと中身が比例していない点が気になった。
    ・転職はダメ、ヘットハンティングは良いという主張が強すぎた点も、気になった。

  • 具体的な事が書いてある訳ではないが、自分について考えるいいきっかけになる。

  • なかなか面白くよめた本です。

  • 他社から「欲しい人材」といわれるためには、自社で必要とされていることが第一条件。

  • ・大企業は出来ない人でも出来る人でも一定の水準のアウトプットが出来る
    ・自分の市場価値を知る
    ・出来るビジネスマンほど自分の市場価値を知らない
    ・転職は25から35までの10年間
    ・転職の基準は「自分の裁量の多さ」
    ・目の前の給料より昇給の可能性
    ・高い付加価値を生み出せる人材がほしい
    ・金本は実力とともに、チームにプラスの変化をもたらす人として阪神に貢献
    ・ビジネスマンの土台は「人格」
    ・雑草タイプは外れが少ない
    ・ハイクラスのビジネスマンが集まるSNS「ウィズリ」

    …35歳までに2000万になるというタイトルに関連したことが全く書いてなかったですね笑

    スカウトの企業があることやウィズリのことなど、今まで知らなかったことも多々あり、

    転職の際の土台知識になりました。

    ちょっと自分の企業を褒めすぎかなと思う節もあるけどねw

  • タイトルに騙されて買ってしまった本。
    その実、ただ人材紹介会社レイスを賞賛するだけの中身の無い本。
    っていうかレイスの広告だと思っていい。
    はっきり言うと評価対象外。
    まぁ前半の1,2章はこれから転職する人には少し役に立つかもしれません。
    あとレイスのことが好きで好きでたまらない人とかもどうぞ。

  • うーん、スカウト会社の書いた本、って感じでした。なるほど、スカウトの目線はこういう感じなのか、と思いましたが、自分の成長する方向性を考えたり、当面どうやってスキルを広げたり深めたりするか?というところに示唆するような内容ではありませんでした。いまいち。

全11件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

株式会社クラウドファンディング代表取締役社長。
中学時代に投資の世界に生きることを決め、2002年に野村證券株式会社に入社。3年連続で全国同期中トップの営業成績を収める。この営業成績は引き継ぎ無しで成し遂げられたものであり、自らが新規に開拓した顧客のみでの3年連続トップは野村證券史上初。
2006年にヘッドハントされ、米モルガンスタンレー証券に入社。法人営業に従事しながら、リーマン・ショックさなかの2008年に同社のヴァイスプレジデントに昇格する。
2013年に独立し、株式会社クラウドファンディングを創業。2014年に第2種金融商品取引業を登録。インターネットで事業投資ができるインフラ「jitsugen」と、証券会社と営業マンを選ぶことができるプラットフォーム「投資のパートナー」を作る。現在も投資を通じて世の中を良くしたいと本音で考え、活動している。
著書に『本音だけで売れる』(電子書籍。きこ書房)がある。

「2018年 『元・野村證券トップセールスが完全解説! 投信の売り方』 で使われていた紹介文から引用しています。」

伊東修の作品

ツイートする