睡眠ホルモン 脳内メラトニン・トレーニング―よく眠れない人のための本

著者 :
  • かんき出版
3.80
  • (2)
  • (0)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 23
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (187ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784761264918

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 【要旨】
     睡眠は「からだの修復」と「記憶の整理」が行われるため非常に重要である。本書では、その睡眠を司るホルモンであるメラトニンに焦点を当て、睡眠について紐解いている。
     このメラトニンは松果体でセロトニンが合成され分泌されるものであり、セロトニンは必須アミノ酸のひとつである、トリプトファンからできている。トリプトファンを含んでいるたんぱく質系食品をしっかり食べることが重要である。また日中にはセロトニンが分泌され、日が暮れるとメラトニンが分泌されるというように、そのサイクルは地球と同じである。地球の日の入り・日没といった時間は太陽の光を取り込むことで認識される。太陽の光を網膜が捉え、視交叉上核(体内時計)にて概日リズムが調整されているのである。
     以上より、朝は決まった時刻に起床し、カーテンを空け日の光を浴び、朝食を取る。軽い運動ができればなおよい。夜は就床2・3時間前に軽い運動をしておき、就床2時間前に温めの風呂に入っておく。寝る時には電気は消しておいた方がよい。

    【感想】
     他の本と異なり、体内のホルモン(メラトニン)に注目し、それを軸に睡眠とは何かを纏め上げられた本。非常に分かりやすかった。本書を読んで、自分の生活を改めようと思った。

    【目次】
    プロローグ 人間はなぜ眠らなければいけないのか
    第1章 睡眠のカギを握るホルモン「メラトニン」
    第2章 快眠ホルモン「メラトニン」の重要な働き
    第3章 みのがせない「メラトニン」の健康パワー
    第4章 メラトニン快眠プログラム 実践編
    第5章 メラトニン快眠プログラム 食事編
    第6章 メラトニン快眠プログラム 効果倍増編

全1件中 1 - 1件を表示

プロフィール

東邦大学医学部名誉教授。医学 博士。1948年東京生まれ。東京大学医学部卒業後、東海大学 病院で臨床、筑波大学で脳神経 系の基礎研究。その間ニューヨーク州立大学留学。
坐禅とセロトニンの関係を研究。メンタルヘルスケアをマネジメントするセロトニンDojoの代表。著書は50冊以上、テレビ出演多数。

有田秀穂の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする