後継社長という人生―企業存続8つの壁を乗り越える

  • かんき出版
3.29
  • (0)
  • (3)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 24
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (251ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784761265427

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 後継社長の役割
    ①絶対につぶさない。
    ②先代より少しでも成長させる。
    ③さらに次の世代に確実にバトンタッチする。

    後継社長に立ちはだかる8つの壁
    ①社長を受けるべきか、否かという「迷い」
    ②「自己変革」社長を受け継ぐと覚悟したら、サラリーマンからビジネスマンへ、そして経営者へと脱皮するために、ハードワークと自己投資を続けたい。そのとき、孤高の姿勢を貫けるかどうか。
    ③「数字力」
    ④「ビジネスモデル変革」先代社長の"色"から脱却し、自分ならではのスタイルを確立したい。
    ⑤「リーダーシップ」
    ⑥ロジカルで経営者のロマンを注入した「中期経営計画」をつくる力
    ⑦成長のスピードを意識した「人財」をそろえる力
    ⑧次の代へどうつなぐかという「事業継続」

    自己変革のための具体策
    ①本を大量に読む
    「ダントツに勉強する」というレベルでいえば、月10冊、少なくとも年間100冊は読んでおきたいところである。成功している後継者は、ほぼ例外なく読書家である。
    ②成長志向の場所を訪れる
    実際に会場に足を運んで人の話を聞く理由は、刺激を受けるためである。プラスのオーラを発している人の話を聞くのがポイント。
    ③師匠をもつ
    カリスマ経営者や著名な学者を自分の心の師として、徹底的にその人の著作やWeb上のインタビューや論文を読みまくる。

    つぶさないための経営
    ROA=売上高営業利益率 × 総資本回転率
      攻撃力=売上高営業利益率、一人当たり付加価値
      守備力=総資本回転率、自己資本比率

  • (2010/8)

  • これは、事業承継をする側の視点で描かれた小説風実務解説本。

    後継者宣言がもっとも重要事項、自覚というか覚悟の根源になる。

    将来、必ず直面する。どのような形でかかわるかわからないが、また読み返すことになると思う。

全3件中 1 - 3件を表示

アタックスグループの作品

ツイートする