35歳までに必ず身につけるべき10の習慣

著者 :
  • かんき出版
3.12
  • (3)
  • (9)
  • (32)
  • (7)
  • (1)
本棚登録 : 160
レビュー : 25
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784761266301

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 新しい気付きは得られなかったかなあ。実践できてるか怪しい項目はあるけど…。頭でっかちになってやしないかしら、なアラートにはなったかな。

  • 35歳を超えると習慣は変えにくいから、こういうタイトルなのか?

  • 35歳までに必ず身につけるべき10の習慣 / 2010.3.4(8/33)
     この本を知ったきっかけ:日経新聞公告。図書館で借りる
    僕がチェックしたのは、「好きじゃないことにも挑戦してみる」「プラスアルファの価値を身につける」「やると決めたら徹底してやり遂げよ」「他責の人になるな、自責の人になれ」「会社は金を貰える道場だ」という5つ。どれも、その短い文章を読んだだけでも意味はわかることですが、この5つだけでも常に頭に入れていれば大きな成長を期待できるような気がします。
     本当に見出しを読むだけでも勉強になるものばかり。まさに35歳までの(もちろんそれ以上の方も)ビジネスパーソン全てに手にとってもらいたい本でありますね。

     最後に、筆者の重茂達さんの幸運に巡り合う5つの秘訣を紹介しておきます。
     1、何でも良いほうへ考える
     2、良いと思ったことは続ける
     3、人に倍する努力を怠らない
     4、自分は運が良いと思う
     5、すべてに感謝の気持ちを持つ

     目次は。
    はじめに

    能動的に生きる
    1、自分で風を起こしてその風に乗れ
    2、武器を拾いながら走る
    3、好きじゃないことにも挑戦してみる
    4、腐ったリンゴにならないように
    5、思いきって飛び込む勇気を持つ
    6、広い世間で通じる人間を目指せ
    7、プラスアルファの価値を身につける
    8、会社には貸しを作っておく
    9、仕事から逃げても逃げ切れない

    プラス思考を習慣にする
    10、前悔しても後悔だけはするな!
    11、すべてプラス思考でとらえる
    12、「できる」と念じ続ける
    13、マイナスの言葉は口にしない
    14、ラッキー人間は楽観人間
    15、やればできることは山ほどある
    16、「禍を転じて福となす」を信じる
    17、仕事は楽しんだほうが勝ち
    18、何事もくよくよ考えない
    19、一周遅れの勝利ということもある
    20、不運が続いたときはこう考える
    21、勝者と敗者の決定的な差はここ!

    最大限の努力とは
    22、チャンスを最大限に活かす
    23、ケタ外れの努力が本当の努力
    24、やると決めたら徹底してやり遂げよ
    25、成果が出るまで続ける!
    26、強さとやさしさを併せ持つ
    27、本当のサービス精神とは
    28、「適当」にやると「不適当」な結果になる
    29、量、質、スピードを意識する
    30、常にメモを取る用意をしておく

    自分との接し方
    31、自分を好きになろう
    32、他責の人になるな、自責の人になれ
    33、自分で燃えられる人間になる
    34、熱く燃える時期を持とう
    35、自分の人生は、自分でシナリオを書く
    36、やる気は持っていても来てくれない
    37、PACの3つの役割
    38、自他認識の違いを知る
    39、人生はその人の考えたとおりになる
    40、いくつになっても学ぶ姿勢を持つ
    41、恐れる心を恐れよう
    42、感謝の気持ちを表わす習慣
    43、パニックを解決する2つの法則
    44、いつも笑顔を絶やさない

    人との接し方
    45、誉めるとき、叱るとき
    46、良いチームプレーヤーたれ
    47、注意されない人は見放された人かも!
    48、謝るときには徹底して謝れ
    49、他人の悪口は言わない
    50、小さな成功体験を積み重ねさせる
    51、短所こそプラスの要因になる
    52、他人に尽くせば自分に返ってくる
    53、人を良いほうへ変える切り札とは?

    仕事への取り組み
    54、皮一枚外側はすべて営業と心得る
    55、少しも進歩しない人
    56、若いときは目先のことを考えるな
    57、常に三ヶ月先を見て仕事をする
    58、仕事は即刻処理を旨とする
    59、問題は小さいうちに手をつける
    60、次へつなげる努力をする
    61、準備と段取りを重んじる
    62、情報を大切にする
    63、数字に強い人間になる
    64、自分の会社全体を売り込む
    65、管理という言葉は使わない

    コミュニケーション上手になる
    66、コミュニケーションの原点は挨拶
    67、「ごめんなさい」が言える人になる
    68、どんなことも丸く伝える
    69、まるでわかっていない人
    70、表情、動作に気を配る
    71、敬語の使い方を身につける
    72、電話の大切さを認識する
    73、会社への来客をどう迎えるか

    ものの考え方
    74、会社は金を貰える道場だ
    75、常に初心を忘れない
    76、怠け心をねじ伏せる
    77、「人と同じでいい」と思わない
    78、信用を壊す要素
    79、仕事は良くできて当たり前
    80、役割を認識する
    81、順調なときに失敗の芽は育つ
    82、忙しいと言わずに忙しくする
    83、遅すぎるということはない
    84、つらい状態ではこう考えればいい
    85、幸運に巡り合う5つの秘訣

     人がやる気になる条件

    1.目的意識を持つこと
    2.好きになること
    3.環境が整うこと

     以前会社の研修で感じたことですが、皆さん「目的を持とう」と意気
    込みはありますが、具体的にどんな目的を決めるかまで落とし込んでい
    る人は、ほとんどいませんでした。これでは、達成できないと思います。
    自分の現状に不満があり、夢を持っているのであれば、それを目標とし
    て文章化をして「見える化」しないと実現できないと思いました。

    p.198 幸運に巡り会う五つの秘訣

    1.何でもいい方へ考える

      病は気から、楽観的に考えて、悲観的に行動する。何処かの小説で
    見かけた言葉です。

    2.いいと思ったことは続ける

     ジョギングやプールなどのスポーツ、ダイエット、健康法、仕事術な
    ど新しいスキルについて直感でいいと思ったことは、続けたいと思います。

    3.人に倍する努力を怠らない

     とりあえず、早起きをして本を読んだり、日記を書いたり、ジョギング
    をしたり、早朝出勤をしたいと思います。

    4.自分は運がいいと思う

     なかなか難しいですが、口に出すといいようなので実践したいと思います。

    5.すべてに感謝の気持ちを持つ

     これも難しいですが、人は一人では生きられない生き物です。他者との
    関係性の中で生かされているという感覚を持てれば、感謝の気持ちが自ず
    と生まれると思いました。 

  • 身に着けるべき10の習慣毎に章立てされていて、各章では見開きでまとめられたコラム的な小話が10話ほどで構成されている。
    話としては新たらしい切り口や、斬新なアイデアはないが、自分の経験や体験が元になっているので、納得しやすい。

    どう生きるかを深く考える習慣
    人生の決断。折れない心をつくる習慣
    仕事に喜びを見出す習慣
    時間の使い方を常に考える習慣
    人間関係と会話を深める習慣
    リーダーを目指す人の習慣
    学ぶ姿勢を持ち、工夫する習慣
    外面と内面をプラスに磨く習慣
    売る能力を身につける習慣
    毎日の習慣にしたいワンポイント実践・仕事術

  • 人付き合いとは人の都合に合わせること

  • 説教臭いけれど、共感しやすいやさしい語り口。
    誠実さを語り、真面目な人には元気が出る一冊です。
    仕事で成長したい人にはぜひオススメしたい。

  • 普通かな

    1冊目もそうだけど
    特段変わったことは書いてない

    このほんの中にも書いてあるけど

    当たり前のことを当たり前にやる
    それが難しい
    その当たり前を短くまとめて
    いっぱい家庭ある

    読んでもいいよ
    って感じかな

  • たくさんのことが書かれています。
    他の書籍でも似たようなことが書かれているとは思いますが、この手の本はモチベーション維持として時々読むのがいいのかなぁと思ってます。


    好きな項目は

    1-7苦手な相手は自分を磨く砥石と思え
    相手のことを好きになる努力をする
    1-12時代小説から学ぶ、かっこいい生き方
    (鬼平犯科帳読もうかな。。。)
    3-11与えられた業務だけが自分の仕事ではない
    5-6上り調子の人を応援するより下り調子の人を支えよう、応援しよう
    6-3リーダーは汚れ役になることを厭わない
    6-9自助努力なき者への労りは不要
    8-2表情は訓練で見違える、自分の顔に自信を

  • 再読

    35歳までに骨肉とする

    一つ一つ実践する

全25件中 1 - 10件を表示

重茂達の作品

35歳までに必ず身につけるべき10の習慣を本棚に登録しているひと

ツイートする