気持ちをうまく伝える技術

  • 46人登録
  • 3.30評価
    • (4)
    • (4)
    • (8)
    • (2)
    • (2)
  • 9レビュー
著者 : 大部美知子
  • かんき出版 (2009年11月16日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (127ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784761266462

気持ちをうまく伝える技術の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • これから働くにあたって(未定?)、新たに様々な人と関わりを持つだろう。苦手だと思う人とも価値観の違いを理解して、良いコミュニケーションをとれれば、と思う? 大事なのは利己主義にならないことかな?

  • 子どもの叱り方、とか、こういった人付き合いの方法って、気持ちに余裕がある時は出来るんだけど、気持ちに余裕がなくなると、出来なくなって、悪循環になるんだよね。
    気持ちに余裕を持たせるために、取り組む方法なんだろうけど、そもそも余裕が無いから出来ない(~_~;)
    どうしたらいいんだろう?

  • アサーションのお話。子育てに活かせたらイイな。

  • アサーティブって耳にしてなんとなく知ってる気がしてるけど、ほんとはよく分からなかったので、読みやすく、かつ実践しやすく書かれていそうだったので、読んでみました。自分はやっぱり、評価や相手にどう思われるかを気にし過ぎていて、話がまどろっこしくなっていたり、言い出せないことがよくあるなぁ。と再認識。自分の思いをわかりやすく伝え、お互いにいい関係を築くことが大事。こわがって、結局、不満を抱えてたり、不信感をつのらせるのは、一番、もったいないし、エネルギーのムダ使いだと改めて、認識しました。

  • 気持ちが100%伝わることはない―言い尽くされたことだが、まずはそこから出発しないと始まらない。人には攻撃的、非対話的、アサーティブと三種類あるそうだ。私は典型的な非対話的。なにかといえば「すみません」「はい、わかりました」と言い、嫌なことも押し隠す。相手もきっといやーな気持ちがたまってるのだろう。エネルギー節約ばやりの昨今、無駄なことをしていると思った。

  • クッション言葉は意識して使うようにしよう。いきなり本題から入ると、相手が身構えてしまうので、うまくいくはずのものがダメになる。

  • 上手なコミュニケーションについて、ポイントが分かりやすくまとめられています。自己表現タイプの診断も簡単にできます。気軽に読めるところが最大の魅力です。

  • コミュニケーションがうまくいかない理由は、話下手だからという流れになりがちではあるが、実はそうではないことがこの本を読むと察することができる。その理由は、自分の気持ちや思考回路に起因するものであり、自分自身の考え方を変えることが望ましいことが分かる。そのためには、考え方の癖を見直し改善する。
    たとえば、常に~しなくてはならないと考えているのであれば、~できればいいなぁぐらいの感覚にすることで、自分への強制力を弱めることができる。そして、自分自身を認め肯定的になることがキーポイントとなる。

    コミュニケーションは必ず伝わるのではなく、伝わらない前提で伝える気持ちが大事。
    【3つの理由】
     1.伝えたいことは相手の受け取り方で変わってしまう
     2.そもそも言いたいことを100%伝えることはできない
     3.言葉自体の解釈は人によって違う

    【上手に伝えられない5つの理由】
     1.無意識に自分の本音にふたをしている
     2.周囲の結果を気にしすぎ
     3.自分の気持ちを正直に伝える権利があることを知らない
     4.アサーションという方法があることを知らない
     5.言葉の内容と表情・態度にズレがある

    うまく伝わらないからと言ってあきらめる必要はなく、自分には権利があることを確認する。
    【人が誰でも持っていいる7つの権利】
     1.私たちは、誰からも大切にしてもらう権利がある
     2.私たちは、自分の行動を自分で決める権利がある
     3.私たちは誰でも間違いや失敗をし、それに責任をもつ権利がある
     4.私たちは「NO」と言って断る権利がある
     5.私たちは、自分の欲しいものを望んだり、要求する権利がある
     6.私たちは、途中で自分の考えや気持ちを変更する権利がある

  • 【感想】
    分かりやすく人との接し方が書かれた本。
    対人関係をどうすれば良いのかわからない時に読みたい。

全9件中 1 - 9件を表示

大部美知子の作品

気持ちをうまく伝える技術はこんな本です

ツイートする