No.1エコノミストが書いた世界一わかりやすい為替の本

著者 :
  • かんき出版
3.60
  • (8)
  • (21)
  • (25)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 221
レビュー : 23
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784761266523

作品紹介・あらすじ

「為替」は日常生活の一部であり、ビジネスの常識です。お金の運用や経済ニュースの理解にも必要です。でも、決して難しいテーマではありません。誰でもわかるように、やさしくていねいに、為替と経済の話を書きました。為替を知ると、経済の先を読む力も身につきます。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 入門書のひとつ

  • 「世界一わかりやすい」と謳っているが、そこまで特筆すべき点はなかったように思う。確かに為替のことをまったく知らない人にとってはいいかもしれないが、そこまで深い内容は書かれていないように思う。収録データも少し古いのが気になった。上野素也氏のネームバリューで売っている本だと思う。

  • 為替に関して入門書だと思う。項目に分かれ、図で視覚的にも理解できるので、初心者でも理解出来ると思う。ただ、色々レビュー読むと、かなり入門書なので、これをきっかけにより専門的な書籍へ進めば良いんじゃないかなと。後は、著者名の様に書かれている人が、実は編著で7章だけしか書いていないのは、たまに見かけるけどどうなんって思う。

  • ちょっと簡単すぎかな。高校生向け。

  • ザ・基礎 為替編
    おなじみの上野さん。

    金融分からんよ〜って人には良書。
    金融かじった事あるよ〜って、人には知識の整理。
    金融機関で働いてるよ〜、働いてたよ〜って人は立ち読みで。

  • 為替にまったく疎かった身としては、非常に初歩的なレベルからの解説で分かりやすかった。イラストを用いた図表に関しては、字面だけでも理解できるので必要性をあまり感じなかった。

  • 為替の入門書。とてもわかりやすい。
    読んでいる時や、ロジックを追って考えながらだとわかるのだが、咄嗟に、「円高/円安」というのは難しい。条件反射的に言えるようになるためには、常日頃からの鍛練が必要ですね。

    (目次)
    Part1 為替は私たちの生活にとても身近な存在
    Part2 外国為替取引の基本を理解しよう
    Part3 経済が為替相場を動かす基本的なしくみを理解しよう
    Part4 為替相場の動きと経済のつながりを詳しくみてみよう
    Part5 外国為替相場を動かすプレーヤーたち
    Part6 ドル以外の通貨の実力は?
    Part7 為替相場の動きの法則と読み方・考え方

  • * 購入日20170918
    * Amazonで購入した。

  • 土井先生オススメ

  • ②150329

全23件中 1 - 10件を表示

No.1エコノミストが書いた世界一わかりやすい為替の本のその他の作品

上野泰也の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
池井戸 潤
デール カーネギ...
三浦 しをん
村上 春樹
有効な右矢印 無効な右矢印

No.1エコノミストが書いた世界一わかりやすい為替の本を本棚に登録しているひと

ツイートする