No.1エコノミストが書いた世界一わかりやすい金利の本

著者 :
  • かんき出版
3.37
  • (3)
  • (17)
  • (24)
  • (5)
  • (0)
本棚登録 : 234
レビュー : 21
  • Amazon.co.jp ・本 (270ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784761266950

作品紹介・あらすじ

「金利」は、私たちの暮らしとビジネスに深く浸透している、必須の経済知識です。本書では、誰でもわかるように、やさしくていねいに、金利と経済の話が書いてあります。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 想像と比較して残念。

  • 金利がなぜ変動するのかをわかりやすく説明してくれる本。予測方法に関してもっと説明してくれると、とても助かった

  • 平易に書いてあるが、わからない人が読むとわからない部分も多い。そして若干浅い。

  • ザ・基礎!
    基礎は大切なんで読んでみたが、やっぱり9割以上は知っている内容の確認になりました。

    ただ「金融・経済分・金利について分からへん!」って人には非常に参考になる1冊。

    個人的には上野エコノミストは好きなんで、オススメしときます。

  • 意味ないけん途中でやめた。
    金利について詳しく書いてある。
    ・読んでる途中に資格の勉強した方が効率いいやと思ってやめた。

  • 「金利」という経済の最も重要な要素について、難しい専門用語はかみ砕き、身近な具体例を織り交ぜながら、わかりやすく解説。金利を通して経済を理解できる一冊でもある。
    しかし、「世界一わかりやすい」という銘打たれているほど、わかりやすいとは感じなかった。わかりやすく書こうとして、逆に端折った説明になっている部分も少なくないように思った。

  • 割りと業界で有名な上野っちの本。上野っちなんて呼んだこともないけど。

    今更ながら理解を深めようと読んでみたのだが、まあ入門書としてはいいが、さすがに簡単だったwww

    まあでもそう入っても基本を見直すのは良いことなのでよしとする。

    買わないで、図書館で借りてよかった・・・

  • 和図書 338.1/U45
    資料ID 2013104165

  • いま思えば基本的な話なのだけれど、だからこそ必要な本。

  • これを読んだ上で、各国の金利動向を見ると、景気動向や、それに対する識者の意見が分かり易くなる。金利の超基礎知識を学べた本。

全21件中 1 - 10件を表示

上野泰也の作品

No.1エコノミストが書いた世界一わかりやすい金利の本を本棚に登録しているひと

ツイートする