人の心に魔法をかける ディズニーランドの教え

著者 :
  • かんき出版
3.40
  • (2)
  • (8)
  • (13)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 92
レビュー : 18
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784761266981

作品紹介・あらすじ

ディズニーマジックの源泉はウォルト・ディズニーの想いと言葉「世界の人々に幸福の場を提供する」。ディズニーランドのサービスは永遠に完成しない。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 震災前にこれが書かれていたってことが大きいと思います。
    実際に震災の時、ランドのスタッフ達の素晴らしい対応を絶賛されていました。自分の仕事をする姿勢を、見直す良いきっかけになりました。できることから、ひとつずつ、自分の姿勢を変えていけたらと思います。

  • 何回行っても新鮮なおどろきと感動に出会える「夢の国」ディズニーランド。本書ではみんなをトリコにするディズニーランドの魅力を解き明かしていきます。

    著者が一貫して伝えようとしているのは、ディズニーのエンタテイメントの魅力は、ミッキー、ミニーのキャラクターや乗り物、アトラクションの楽しさもあるが、なんといってもキャストの心のこもったサービスが「夢の国」をつくり上げているディズニーマジックのタネであり、何年も変わらず愛され続けている源泉であるということです。

    心に残った言葉は、
    「ディズニーをブランド化しているのは、ゲストに感動をもたらすサービスを提供する『キャスト(従業員)』です。」(本書P.162)という言葉です。

    サービスに対する評価はそのもの単体ではなく、それに付属する環境や設定などおまけ的なものだったりします。
    ものだけでなく全体を一つとしてとらえ評価されている気がします。

    ディズニーランドでは、いろいろなサービスを受けることができますが、キャスト(従業員)は一番身近で、直に接することができるサービスではないでしょうか。

    遊園地ですと、乗り物やキャラクターアトラクションに目がいってしまいがちですが、実際その遊園地などを評価する場合になると、意外と人対人のサービス、清潔さなど脇役的な部分の点数配分が高くなっている気がします。顧客満足ということは、人の気持ちが伝わるサービスができているか、ということが重要なのではないのでしょうか。

    よく「企業はヒト」と言われますが、ディズニーランドではそれをみごとに実践しキャスト一人一人が、自分がディズニーランドの一部であると自覚しマニュアル通りのあるいはそれ以上のサービスを提供しています。

    これを普通の会社にあてはめようとするのはなかなか難しいことですが、自分の行っている仕事がいかに世の中のため、人々の笑顔につながっているかを心の中に持つことができるのかにかかっているのではないでしょうか。

    「レンガをつむ男」の話にもあるように、自分は何のために仕事をしているのか、ただ物体としてのレンガを積み上げているだけなのか、それとも後世に残る町の大聖堂を造るための重要な仕事の一部なのか、同じ作業をしていても認識の違いでモチベーションがまったく変わってきます。

    本書には自分の仕事にもつかえる考え方がいくつもあると思います。ディズニーランドを自社に置きかえて読むと、いろいろと学ぶ点が浮かびあがってくるのではないのでしょうか。

  • キャストのエピソードを交え、現場の視点でディズニーフィロソフィーを紹介した本。類似書を読んだ事がありますが、この本はよりシンプルに書かれている。

    p96 ウォルト・ディズニーの言葉
    「人が感動するのは、大自然のようなものと、完璧につくられた環境、それに人と人とのコミュニケーションだ。なかでも人が最も感動するのは、人と人とのコミュニケーションだ。」

    実際に私がWDWに行って、まさしく心から感動したのが上の3つでした。

    ウォルトさんがすごいのは、人をどこまでも深く分かってるところだなぁとまたまた感動。本当に偉人です。

  • 何回行っても新鮮なおどろきと感動に出会える「夢の国」ディズニーランド。本書ではみんなをトリコにするディズニーランドの魅力を解き明かしていきます。



    著者が一貫して伝えようとしているのは、ディズニーのエンタテイメントの魅力は、ミッキー、ミニーのキャラクターや乗り物、アトラクションの楽しさもあるが、なんといってもキャストの心のこもったサービスが「夢の国」をつくり上げているディズニーマジックのタネであり、何年も変わらず愛され続けている源泉であるということです。



    心に残った言葉は、


    「ディズニーをブランド化しているのは、ゲストに感動をもたらすサービスを提供する『キャスト(従業員)』です。」(本書P.162)という言葉です。



    サービスに対する評価はそのもの単体ではなく、それに付属する環境や設定などおまけ的なものだったりします。ものだけでなく全体を一つとしてとらえ評価されている気がします。


    ディズニーランドでは、いろいろなサービスを受けることができますが、キャスト(従業員)は一番身近で、直に接することができるサービスではないでしょうか。



    遊園地ですと、乗り物やキャラクターアトラクションに目がいってしまいがちですが、実際その遊園地などを評価する場合になると、意外と人対人のサービス、清潔さなど脇役的な部分の点数配分が高くなっている気がします。顧客満足ということは、人の気持ちが伝わるサービスができているか、ということが重要なのではないのでしょうか。

    よく「企業はヒト」と言われますが、ディズニーランドではそれをみごとに実践しキャスト一人一人が、自分がディズニーランドの一部であると自覚しマニュアル通りのあるいはそれ以上のサービスを提供しています。





    これを普通の会社にあてはめようとするのはなかなか難しいことですが、自分の行っている仕事がいかに世の中のため、人々の笑顔につながっているかを心の中に持つことができるのかにかかっているのではないでしょうか。



    「レンガをつむ男」の話にもあるように、自分は何のために仕事をしているのか、ただ物体としてのレンガを積み上げているだけなのか、それとも後世に残る町の大聖堂を造るための重要な仕事の一部なのか、同じ作業をしていても認識の違いでモチベーションがまったく変わってきます。





    本書には自分の仕事にもつかえる考え方がいくつもあると思います。ディズニーランドを自社に置きかえて読むと、いろいろと学ぶ点が浮かびあがってくるのではないのでしょうか。

  • 気に入ったところ。

    ・人は感動することで、必ずその場所に帰りたくなるものだ。
    ・人に一番大きな感動を与えるのは 人と人のコミュニケーション
    ・クレーム客へのきちんとした対応、
    ⇨結果のフィードバックをするとリピーターにつながる。信頼。


    礼儀正しいおもてなしと親しみやすさのバランス
    心から心へ 手から手へ 自動販売機を置かない。

    バックステージに診療所があるのを初めて知って驚いた。
    あと夜のトイレ清掃。名前づけのとこ。
    AEDで救命しようとした話も 驚き。

  • ディズニーランドはどのような従業員教育がおこなわれてるのか、ディズニーランドがディズニーランドである理由を知りたく手に取った。前半はディズニーランドすごいよーみたいな感じであまり具体的な突っ込んだ内容はなく、期待外れかとも思ったが、後半は考え方の核心に触れてきて参考になる部分もあった。チームワークの本質、従業員に対する考え方(ファミリー)が今までにない視点になった。夢の国で幸せになれるが現実に戻ってくるのは厳しそうな印象。サービスのひとつとして割り切ってとらえようと思うがそれは自分は堅いのだろうか。

  • ほとんどアルバイトで成り立ってるとはおどろいた。
    お客さんに対してだけでなく、同僚に対しても接し方は同じ。
    「仲間」っていう意識が強いんだろうな。
    掃除のスタッフの話がよかったな。
    自分の仕事に誇りをもってるって思う。

  • 【あらすじ】
    ディズニーランドが大切にするのは、人を楽しませ、喜ばせ、満足を与えるサービス。
    これがリピーターを生み、不況下の現在も全国からたくさんの人が集まる。
    本書は、ディズニーランドがどのようにして、感動を超える瞬間をゲストに提供しているのか、多くの人が共感できるエピソードとともに、その秘訣を紹介する。

  • はじめてディズニーの経営側の本を読んだのだけど、
    やっぱりステキな言葉がたくさんあった(*´∀`*)

    p62のホスピタリティの意味いいなぁ。
    ただの「おもてなし」じゃないところが好き!
    「(引用)自分の良心の、心からの表現であり、その場で求められている
    最高で、本質的な温かさを創り出す動きであり、
    それを自然にさりげなく表現すること。」

    p129「(引用)本当によいサービスは人間的なところから湧きあがるように出てくるものだ」

  • やっぱりいいな、ディズニー(ハート!)

    ウォルトディズニーの言葉で
    「人は感動することで、必ずその場所に帰りたくなるものなんだ」というのが引用されています。

    たしかに、たしかに!!

    行くたびに楽しい気持ちになるから、また行きたくなるんだなぁ。

    先日テレビで中村勘九郎が「初めてのお客様が大切。そのとき感動してくれたお客様はまた足を運んでくださる」「ぼくたちは何回も演じていてもお客様にとっては毎日が初めて」というようなことを言っていて、
    ディズニーのキャストもそういう気持ちがベースになっている、と書いてあります。

    読むとまた行きたくなっちゃいました。

全18件中 1 - 10件を表示

人の心に魔法をかける ディズニーランドの教えのその他の作品

小松田勝の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
スペンサー ジョ...
東野 圭吾
ロバート キヨサ...
佐々木 圭一
デール カーネギ...
松下 幸之助
有効な右矢印 無効な右矢印

人の心に魔法をかける ディズニーランドの教えを本棚に登録しているひと

ツイートする