死ぬまで仕事に困らないために20代で出逢っておきたい100の言葉

著者 :
  • かんき出版
3.51
  • (112)
  • (242)
  • (232)
  • (61)
  • (31)
本棚登録 : 2186
レビュー : 277
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784761267346

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 今すぐ変わりたいと思ってた私に最高の一冊。
    以下は特に痺れた項目。

    雑用こそ藝術的に仕上げる
    遅刻は、殺人と同罪
    上司はお得意様
    1年で1テーマ、40年で40テーマ
    打ち負かすのではなく、包み込む
    やや小さめの声
    親友は、生涯でひとりいれば御の字
    相手に腹が立つのは、依存してるから
    とりあえずやっちゃったもん勝ち
    検討しときます、には近づかない
    まずは挙手
    たくさんバカなことやった人生が究極

    BOOKOFFでいい買い物したなあ!

  • 心に響いた良い作品でした。

  • 「人間は、自分が発している言葉どおりの人生を歩んでいけるのだ。」そのために、人と会ったり、読書をして、たくさんのいい言葉を浴びること。

    堂々と変わっている人だと思われていい。幸運だって思える方がいい。小さい自分を改めて反省。さて、私はこれから何ができるかな。

    人と違っていい。違う方がいい。人が選ばないものを選ぼう。遠回りしよう。模範解答ではなく、ハッとするような不正解を出そう。納得できない理由は相手にあるのではなく、自分にある。自分の常識では考えられないことでも「なるほど」と受容しよう。
    実力がないのなら、陰口は言わない。成長したいなら、厳しくても居心地の悪い上司にしがみつけ。プライドが邪魔して言えないこと、できないことをやってみると嘘のように成功する。

    すべての人間関係の原点は、自分自身との関係
    の投影に過ぎない。

    自分をどう思えるかが大切なんだな。人の噂話や悪口を言ったり、人を信用できなくなりたくないから、自分に自信を持てるように行動したい。

  • 大学時代、この本に出会えてよかった!自分と向き合うことができました。

  • 千田語録は、役に立ちそうな名言が多いです

  • 星四つ

  • すごく力がみなぎってくる本です。この本に出会えて本当によかったです。

  • 「何をするかより、何をしないか」
    「自分に実力がないのなら、
    陰口だけは言わないと決める。」
    「沈黙は相手に破らせる」
    「二番目に好きな人とエッチしない」
    「遅い決断は、どんなに正しくても
    全て不正解」

    この言葉たちが割と染み込んできたな。
    すなわち断捨離の必要性!!

  • http://kashiwabaray.com/blog/index.php?itemid=270
    千田さんらしいマインドを高めてくれます。目の前の人をもっと大切にすることを教えてくれる1冊でした。

  • 幾つか気に留める言葉があったけれど、購入して側に置いて置くほどではないかなと。
    しかし、自分の環境が変わった頃に読み返すと、また面白いかもしれない。
    遅刻は殺人と同罪、は衝撃でした。

全277件中 41 - 50件を表示

著者プロフィール

愛知県出身、東北大教育学部卒。日系保険会社、大手コンサルティング会社を経て独立。のべ3300人のエグゼクティブ、1万人を超えるビジネスマンと対話の経験を活かし、執筆・講演・コンサルティング等で活動中。

「2019年 『いつまでも変われないのは、あなたが自分の「無知」を認めないからだ。』 で使われていた紹介文から引用しています。」

死ぬまで仕事に困らないために20代で出逢っておきたい100の言葉のその他の作品

千田琢哉の作品

ツイートする