死ぬまで仕事に困らないために20代で出逢っておきたい100の言葉

著者 :
  • かんき出版
3.51
  • (112)
  • (242)
  • (233)
  • (61)
  • (30)
本棚登録 : 2177
レビュー : 277
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784761267346

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ・自信があるやつより、いっちゃってる人が強い

    ・周囲に認めてもらう前に自分で自分を認める

    ・99%の人は準備だけで人生を終える
     サラリーマンは年がら年中独立準備中
     過剰な準備は単なる現実逃避、準備不足でも行動して失敗しろ

    ・親や回りが反対する方を選べ
     たいていの人は回りの価値観で話す。

    ・雑用を芸術的に仕上げる

    ・楽しい仕事はないが、楽しそうに仕事をする人はいる
     眉間にしわを寄せて仕事をするのは出来ない人間。

    ・一番好きな人と会え
     二番目に好きな人との時間は無駄

    ・時間のプレゼントが一番のプレゼント

    ・遅刻すればすべて台無し

    ・何をするかより何をしないか

    ・出世を否定した瞬間、お荷物コースまっしぐら

    ・力のある人間でなく結果をだす人間

    ・「納得できません」を続けると孤立無援になる

    ・「わかりません」ということがすべてのスタート

    ・情報を知識に、知識を知恵に

    ・一次情報がなにより強い。現場にいけ。

    ・打ち負かすのでなく、包み込む

    ・これだけは伝えたいということを持って、必ず伝える

    ・痛い事を言われたときは「なるほど」とにっこり笑って素直に認める

    ・人生すべてにおいて第一志望のことのみをやっていれば、時間はいくらでもある。
    一番やりたいこと、一番好きな友達、恋人

    ・どちらでもいいと言わない(自分の人生をいきろ!)

    ・力まず、淡々と決断

    ・決断に時間をかけすぎるとやっぱり「やめておこう」になる

    ・一度逃げた決断からは死ぬまで追われ続ける

    ・挙手!

  • 久々に読んだ意識高い系の本。
    100個の名言のような言葉が、解説付きで載ってるが、抽象的すぎてよく飲み込めないものもあった。
    大半は行動指針として考えられる。ハッとする言葉もあるにはあったが、全体としてそこまで驚き感はない。著者を知らないのもあり、こういう本は人物背景が重要だとも感じた。本の内容は軽くてさらっと読める。

    2015.1.10
    人に借りた本

  • なるほどなぁと納得できた言葉は一割くらい。

  • 良いことも書いてあるが

  • 上司をお得意様と考えると、毎日が変わる。
    人間は迷う時間が長ければ長いほど、最終的に現状維持を選ぶようになっている。だから決断に時間をかける人というのは、何年経っても何十年経っても進化する事はない。

  • 99%の人が準備だけで人生を終えてしまう。
    残業人間に仕事ができる人はいない。
    2番目に好きなひとと過ごす時間はむだ。
    なにをするかより何をしないか。
    これを選んだひとはさすがにいないよねという選択肢こそ大切。
    立ち読みで終える人は傍観者で人生を終える。
    1年で1テーマ、40年で40テーマにチャレンジできる。
    情報を知識に、知識を知恵に昇華させるのが人間の力。
    話した量が少ない方が最後にはかつ。
    沈黙は相手にやぶらせる。

  • 箇条書きで読みやすい本でした。
    しかし、まだ社会人ではない私には…

    時間のある学生のうちに
    様々な言葉と出会いたいと思うきっかけになりました。

    _

  • たくさん良い言葉のシャワーを浴びることが大事というのはわかる。タイトルはセンセーショナルだけど書いてある事はちょっと・・・。世俗に生きるのだから世俗の影響を受けるのは仕方無いが、それってちょっと汚い気がする。

  • 本当に100個の言葉をピックアップしてる。
    著者曰く「言葉のシャワーを浴びることが大切」だそうで
    学生時代1万冊以上の本を購読した著者が考える「人生において大切な言葉」を紹介している。

  • ん~。聞いた事のある言葉が多いような気が…

著者プロフィール

愛知県出身、東北大教育学部卒。日系保険会社、大手コンサルティング会社を経て独立。のべ3300人のエグゼクティブ、1万人を超えるビジネスマンと対話の経験を活かし、執筆・講演・コンサルティング等で活動中。

「2019年 『いつまでも変われないのは、あなたが自分の「無知」を認めないからだ。』 で使われていた紹介文から引用しています。」

死ぬまで仕事に困らないために20代で出逢っておきたい100の言葉のその他の作品

千田琢哉の作品

ツイートする