死ぬまで仕事に困らないために20代で出逢っておきたい100の言葉

著者 :
  • かんき出版
3.51
  • (112)
  • (242)
  • (232)
  • (61)
  • (31)
本棚登録 : 2186
レビュー : 277
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784761267346

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • よくある自己啓発本に書かれてる内容。薄い。

  • 前著 人生で大切なことは、すべて「書店」で買える。 が面白かったので購入

    こういう、◯◯の言葉系の本は著者が圧倒的な実力、経験値を持ってる人(と読者が思っている)か?、つまるところ著者に惚れ込んでるかの前提が大事なんだなと。

    再読はしないかな

  • ◯21 △42 ×37
    ◯→気に入ったもの
    △→どちらでもない
    ×気に入らなかったもの

    印象に残った言葉は
    ・時間のプレゼントがプレゼントの頂点
    ・情報は情に報いると書く
    ・相手を尊敬できないのは自分を尊敬していないから

    千田琢哉さんの本はこれで2冊読んだことになりますが、具体的な数値を根拠あるデータなしに使った断定的な表現があまり好きになれません。
    あとタイトルや見出しが誇張されすぎて本文と異なるレベルなのも気になります。
    もちろん、目を惹くためのある種業界戦略ではあるのでしょうけどなかなか顕著すぎて…
    でも内容は良いものも書かれています。
    学ぶことは多くありました。

  • ・20代でやっておくべきたったひとつのことを挙げろと言われたら、とにかくたくさんの良い言葉のシャワーを浴びておくことだ。
    1つは人と会うこと、もう1つは読書。

    ・『自信があるヤツより、イッちゃてるヤツのほうが強い。』
    ・『理不尽な噂をたてられたら、あなたはまもなく成功する』
    ・『準備ばかりして挑戦しないからなにも成し遂げられない』
    ・『雑用を雑用と感じなくなったとき、それはあなたが雑用から卒業するときだ』
    ・『雑用から確実に卒業するためには、雑用においては社内で圧倒的にNo.1になること』
    ・『量をこなして、はじめて手の抜き方が見えてくる』
    ・『楽しい仕事はない。楽しそうに仕事をしている人はいる』
    ・『仮にサボっても文句を言われないようなポジションを構築すると天国だ』
    ・『時間を増やす方法は、何か新しいことをするのではなく、不要なことをやめてしまうこと。愚痴をやめると時間が増える』
    ・『入社時にやたら威勢のいい社員は、二年以内に辞める。』
    ・『上司をお得意様と考えると、毎日が変わる』
    ・『陰口を言わないと決める』
    ・『遠回りの蓄積こそ、あなたの財産』
    ・『一年で一テーマ、40年で40テーマの勉強ができる』
    ・『短時間で本物の情報を得るには、やっぱりお金が必要』
    ・『意見は違って当たり前、と知っておく』
    ・『力んで決断せず、淡々と決断する』
    ・『たくさんばかなことをやってきたな、と死に際に笑える人生が、極上の人生』

  • 久々に読んだ意識高い系の本。
    100個の名言のような言葉が、解説付きで載ってるが、抽象的すぎてよく飲み込めないものもあった。
    大半は行動指針として考えられる。ハッとする言葉もあるにはあったが、全体としてそこまで驚き感はない。著者を知らないのもあり、こういう本は人物背景が重要だとも感じた。本の内容は軽くてさらっと読める。

    2015.1.10
    人に借りた本

  • なるほどなぁと納得できた言葉は一割くらい。

  • 良いことも書いてあるが

  • ・自信があるやつより、いっちゃってる人が強い

    ・周囲に認めてもらう前に自分で自分を認める

    ・99%の人は準備だけで人生を終える
     サラリーマンは年がら年中独立準備中
     過剰な準備は単なる現実逃避、準備不足でも行動して失敗しろ

    ・親や回りが反対する方を選べ
     たいていの人は回りの価値観で話す。

    ・雑用を芸術的に仕上げる

    ・楽しい仕事はないが、楽しそうに仕事をする人はいる
     眉間にしわを寄せて仕事をするのは出来ない人間。

    ・一番好きな人と会え
     二番目に好きな人との時間は無駄

    ・時間のプレゼントが一番のプレゼント

    ・遅刻すればすべて台無し

    ・何をするかより何をしないか

    ・出世を否定した瞬間、お荷物コースまっしぐら

    ・力のある人間でなく結果をだす人間

    ・「納得できません」を続けると孤立無援になる

    ・「わかりません」ということがすべてのスタート

    ・情報を知識に、知識を知恵に

    ・一次情報がなにより強い。現場にいけ。

    ・打ち負かすのでなく、包み込む

    ・これだけは伝えたいということを持って、必ず伝える

    ・痛い事を言われたときは「なるほど」とにっこり笑って素直に認める

    ・人生すべてにおいて第一志望のことのみをやっていれば、時間はいくらでもある。
    一番やりたいこと、一番好きな友達、恋人

    ・どちらでもいいと言わない(自分の人生をいきろ!)

    ・力まず、淡々と決断

    ・決断に時間をかけすぎるとやっぱり「やめておこう」になる

    ・一度逃げた決断からは死ぬまで追われ続ける

    ・挙手!

  • 上司をお得意様と考えると、毎日が変わる。
    人間は迷う時間が長ければ長いほど、最終的に現状維持を選ぶようになっている。だから決断に時間をかける人というのは、何年経っても何十年経っても進化する事はない。

  • ザッと見て、満足してしまいました。

    人に借りるのが一番いいかも。。

著者プロフィール

愛知県出身、東北大教育学部卒。日系保険会社、大手コンサルティング会社を経て独立。のべ3300人のエグゼクティブ、1万人を超えるビジネスマンと対話の経験を活かし、執筆・講演・コンサルティング等で活動中。

「2019年 『いつまでも変われないのは、あなたが自分の「無知」を認めないからだ。』 で使われていた紹介文から引用しています。」

死ぬまで仕事に困らないために20代で出逢っておきたい100の言葉のその他の作品

千田琢哉の作品

ツイートする