スポーツで心を強くする子育て

著者 :
  • かんき出版
3.71
  • (2)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 16
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784761267650

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • コンフェデ杯の影響で、読みました。
    サッカーの本田選手のおじいちゃんの弟さんの書いた本です。
    ご本人もカヌーでオリンピックに出場された経験があり、息子さんもレスリングでオリンピックに出ています。
    あの「本田ノート」の書き方も網羅されていて、お子さんを強いアスリートにしたい親御さんには必携かもしれません。
    ウチの娘は、残念ながらアスリートは目指していませんが、そこかしこにためになる記述があり、子供の心を強くするために親が心がけること、がたくさん書いてあります。
    著者の別の本も読んでみたいと思っています。

  • 断定的に書かれている。でも色々と勉強になった。本田さんの教育者の側面が強く出ています。

  • サッカー日本代表・本田圭佑のおじいちゃん(正確にはおじいちゃんの弟)が、どうやって圭佑選手を育てたのか気になったので読んでみました。スポーツに限らず、いろんな子育てのシーンで役立ちそうな話がたくさんありました。

    著者の本田大三郎氏は、東京オリンピックにも出場したという元カヌーの選手。息子さんもレスリングでオリンピックに出場した選手というスポーツ家系。さぞかし厳しい練習を子どもに強いていたのではないか・・と思いきや、さにあらず。

    子供たちは自分で練習方法を考えて、実行していたそうです。高いモチベーションを持たせることができれば、子供たちは自主的に取り組み、好きな事だから続けられるわけです。

    他にも、教える時のコツとして、いくつかヒントになることがありました。

    ・練習は、成功で終わらせる。成功したイメージを維持するため。
    ・試合に負けたときは、叱らない。なぜなら一番落ち込んでいるのは負けた子ども本人だから。

    これは私が読みかじった育児本にも共通しています。子どもの気持ちに寄り添うことをやっぱり大事にしているんですね。

  • ?な部分も多いが、確信をついている部分もある。
    書かれている事をやるのが子供の幸せになるとは思えないけれど、ここまでやらなければスポーツで上にあがっていけないのだろうとも思う。
    子供にとって何が幸せなのかは、その子にしかわからない。
    子育ては正解があって無いものだなと、この本で学んだ。

全4件中 1 - 4件を表示

本田大三郎の作品

ツイートする