人生を最高に楽しむために20代で使ってはいけない100の言葉

著者 :
  • かんき出版
3.42
  • (26)
  • (65)
  • (92)
  • (14)
  • (8)
本棚登録 : 775
レビュー : 84
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784761267735

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • さら〜っと読める感じです。1回読んだらもういいかなと。
    20代向けなのかな、やはり。
    30代の私にはあまり口にしない発言ばかりでしたので、あまり参考になりませんでした。

  • 100の言葉なので内容はものすごく薄いです。
    目次を見て自分が使っているものだけ読むのが良いと思います。

    言い訳しないで仕事をしろ。

  • よくないとはわかっていても、うっかり口に出してしまいがちな言葉がずらーっと並んでいる本。

    この本を読んだからといって別段新しい発見を得た訳では無く、どちらかといえば「うんうん、そうだよねー、忘れがちだけどこういうことはあんまり言わない方が良いよねー」と再確認させられるような内容だったかな。

    個人的には自己啓発というよりはエンタメ性重視という印象を受けた。

  • 学ぶところは多くあるが気楽に読める感じの本。


    とりあえず思ったことは、当たり前のことだなと感じることだらけ。逆にあたりまえのことなのに、自分は本当にできているかと思うと思った以上にできていなくて反省材料となっていいかも。

    大事なのは謙虚さと早いうちに問題点を潰すこと。

    とりあわけ内容が素晴らしいわけじゃないのでこの評価で。
    1時間あれば読める簡単な本です

  • 「知っておきたい言葉」とか「使いたい言葉」とかはよくあるけど、「使ってはいけない言葉」ってなかなかないな、と気になって読みました。

    うん、確かにこの言葉たちは使っちゃダメでしょう!(笑)
    でもこんな言葉使うかな?という言葉が多かった印象。「使ってはいけない」とわざわざ言われなくても使わない言葉が多いような気がしました。
    でもよく聞くような言葉たちではあって、それを使ってはいけない理由を読むのが面白かったです。

著者プロフィール

愛知県出身、東北大教育学部卒。日系保険会社、大手コンサルティング会社を経て独立。のべ3300人のエグゼクティブ、1万人を超えるビジネスマンと対話の経験を活かし、執筆・講演・コンサルティング等で活動中。

「2019年 『いつまでも変われないのは、あなたが自分の「無知」を認めないからだ。』 で使われていた紹介文から引用しています。」

人生を最高に楽しむために20代で使ってはいけない100の言葉のその他の作品

千田琢哉の作品

ツイートする