病気は才能

  • かんき出版 (2011年9月22日発売)
4.05
  • (25)
  • (19)
  • (13)
  • (0)
  • (3)
  • 本棚登録 :200
  • レビュー :30
  • Amazon.co.jp ・本 (270ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784761267797

病気は才能の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 目から鱗の内容でした。

    「病気は才能」なんて言われても、その渦中にいる時は
    何言ってるんだ、って思ってしまいます。

    私自身、今闘病中で、浮き沈みはありながらも少しずつ
    よくなって言ってるのを実感しています。そのタイミングだからこそ、この本の内容が響いたのだと感じます。

    「身体というのは、顕在意識ではなく、潜在意識に従う」という所が印象的でした。

    身体はちゃんとわかっているんだな、って。
    「自分は大丈夫」って顕在意識で思ってても、
    本当の心の声に、耳を傾け、自分を守ってくれてたんだなとわかりました。

    何度でも読みたい本です。

  •  「病は気から」をいろんな形で叙述した本。「がん」って言葉を「ぽん」と言い換える方法と似ている。
     「がん」と思うから、対処不能の、「死」そのもので、絶望がやってくる。じゃなくて、「ぽん」ぐらいに思ってしまおうと。
     私はがんではないが、姉はがんである。たまに水素水みたいな治療の本を読んだりしている。しかしそれも、「参考程度」であり、それを絶対視していない。がんセンターで治療を受けている。いますぐ治療をやめなさいというのは、僕は反対である。しかし、「気持ちをポジティブに保つため、病気に対する認識を変える」というのは良いと思う。
     「ここの温泉はがんにきくらしい」で「そんなオカルトめいたことを」とか非難しても仕方がないのだ。「がん(ぽん)で、温泉旅行のきっかけができた! さー、あそぶぞー」ぐらいにふっきれるか。「そんな風に現実逃避するのはいけない!」とか言えるかもしれないが、現実逃避して本当に現実から逃避できるはずがなく、現実逃避も現実との戦い方の一つである。
     「この病気はいったいなんであるのか」は、科学で追及しても、結局、「なんで私がこんな目に!」からは逃れられない。難しいだろう。ぼくも病気になったら、そうなってしまう。科学的な医療のほかに、気休めとして、こういうのはあって良いと思う。
     「自然のなかの霊的エネルギーを吸収して、元気になりました」という言葉は、「山に行ったりして、適度な運動と食事で、体が良くなった」の言い換えである。だが、「霊的エネルギーを得られるから」でも、それが山に行くきっかけになればいいのではないか。それくらい、病気というのは「長い長い戦い」であり、「すべて理性で処理すると、ただちに安楽死するのが正解」となるように思う。がんの姉をみている限りは。
     ここで「がんにありがとう」が出てくるが、これも「がんを憎み続けるほど人は理性的でもなければ強くもない」としか言えない。
     そしてこの本の最も重要なポイントは「必ず治る」と思うこと。「必ず治る」と思えるにはどうすればいいか、を、血液型占いみたいな書き方で書いてある。
     「がんにありがとう」という言葉を見た時の「本能的嫌悪感」がある。まるで「ごきぶりにありがとう」と言っているようだ。でも、そのごきぶりは、自分の細胞であり、自分の体の中にある。付き合っていくしかないのだ。病気というのは、非常に厳しい。だから、こういう本もある。
     心の中の課題、潜在的ストレスと、身体の病気をつなげて論じている。いま、私は喉が痛いのだが、これは「自分の気持ちが十分に伝わっていないことへの苛立ち」が現れていると本著ではいう。自分の気持ちを十分に伝えるなんぞ、大親友でないと難しいし、どんな人でも当てはまる。要するにこの本は何も言ってないのである。ただ、「自分の気持ちが十分に伝わっていないことへの苛立ち」というのを読んで、「もっと正直に気持ちを伝えよう」というきっかけになり、それが人間関係の整理や、明日からの生活の目標となり、それによって自然とストレスが緩和される。病気は、科学的治療法は提示されても、「具体的な生活上の心の持ちよう」は医者は指導するのは難しい。そこをこういった人がカバーしているのかもしれない。ただ、言っていることを全部体系的に受け取るのではなく、ある程度モデル化して、「結局何を言っているのか」というのが大事で、はだしで地面に立つ話も、「自然と触れ合う=適度な運動とかのきっかけ」ことを言っているのであって、「静電気放出器具やら、草に針金むすびつけて、スプーンでほほを触るとかをする」のを完コピしたら、もうそれは信仰であって、えらいことである。

  • こころと体のつながりがよくわかります。悩みや不安によってココロのサインが体の痛みや、違和感・症状として出てくるそうです。逆にその症状から自分のココロの状態や悩みがなんとなくわかる気がします。

  • 病気を心の問題から捉えてみるという非常に興味深い内容。全ての人にあてはまるわけではないだろうが読んでいて身近な人の症状と照らし合わせるとなるほどなと言う部分も多くあり面白かった。身体を知るためのひとつの手段としては非常に良い本だと思います。

  • 人は誰しもカラダの中の何かにコンプレックスを持っていたり、病気かなと思う点があると思います。健康も絶対的な固定評価ではなく、常に動いている状態だと思います。
    そんな中で、カラダのいろいろな異変を捉えて、自分に意味があることを考えられる大きなポイントがたくさん紹介されています!

  • こころと病気がつながってるなんて…と思いながら読み始めてビックリ。こころと身体が連動してる。症状すべて、心から来てたんだ〜ってわかったら、心を変えればこれらは治っていくのか!って思えて、なんかすっきりできた。

  • 心と体がつながっていること、いろいろな感情とむすびついている体の臓器などがわかりやすくまとまっていてすごく興味深い内容だった。欲しい。

  • 東洋医学の五行五克説の現代リメイク版といった感じか。心の奥底に貯めている心的エネルギーに応じて身体に症状がでるという話。この症状ならこれこれという分析が細かい。

  • この本を読み終わって,とても気持ちが軽く,体も軽くなった。
    「一つの文字をずっと見ていると,しだいにそれが,意味のない線の集合体のように思えてくる経験ってありませんか」
    この問いかけ,すごくよく分かる。
    そして,これをこの本を読んでいくうちに実践して,読み終わった今,とても爽快な気分になった。
    お薦めの一冊になりました。

  • 右親指と左親指、右腕と左腕、右足と左足、組んだときに上になる方を意図的に変えて平準化する。
    自然治癒力学校???
    秘蔵のエクササイズ 姿勢を正して食べる。一口目だけは30回かむ。
    肺のエクササイズ まっすぐ立つ。深いお辞儀をするように体を折り曲げ、両手両足の指もグーにしてゆっくりゆっくり、息を吐ききれるまで吐き出す。体の体積が最小限になることをイメージ。吸うとき、最大限に体を開く。万歳、風船になったつもり。吐く吸う5往復。
    肝臓 筋肉を最大限緊張させて6秒間。ふーーつ吐息を吐いて呼吸を整える。
    腎臓 両腕を降ろし、ひじの位置で背中側に寄せる。
    糖尿病 他人にいい顔をしたい。で、これを克服するには?ヒト、モノ、情報(、私の場合仕事も)好きか嫌いかで判断して整理してみる
    唇の乾燥、切れる やりたくないが早く済ましてしまわなければ済まないこと
    貧血 今の幸せに自分はふさわしくないのではという疑念、今の自分を好きになれない
    疲れ目 自己効力感の低下、どうせというあきらめ、現実逃避
    脾臓9-11、肝臓1-3時が再生の時刻。

全30件中 1 - 10件を表示

病気は才能のその他の作品

病気は才能 Kindle版 病気は才能 おのころ心平

おのころ心平の作品

病気は才能を本棚に登録しているひと

ツイートする