20代で群れから抜け出すために顰蹙を買っても口にしておきたい100の言葉

著者 :
  • かんき出版
3.60
  • (28)
  • (49)
  • (40)
  • (17)
  • (3)
本棚登録 : 402
レビュー : 52
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784761268091

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • チェック項目22箇所。無駄な残業はしない、大きな声で「お先に失礼します。」。口だけ上司のセリフ・・・「俺にだって考えていた」、だったらやりましょうよ。車の渋滞・・・遅刻。仲間が仕事を渋ったら真っ先にやります!2次会でゆっくり話すくらいなら「今話してください」。乾杯の音頭は「乾杯!」。サラリーマン辞めても群がる必要なし。他人に言われてやる勉強に意味なし。条件が悪いのなら条件を良くできるよう熱意を使え。会社を今辞めたら給料10倍!!と言い切る。好きなことばっかりやっている方がいい、嫌いなことばっかりやっている方が罰が当たっている。サラリーマンの極刑なんて所詮クビ。みんなの前だから言わなかったけど・・・みんなの前で言ってください。なんで熱くなるの?成功したいから。粗製濫造・・・一桁増やします。年老いてからの成功より、早い成功の方がいい。上司がバカなら自分が出世する。社長になる。「こちらに書いてあります」・・・わからないから聞いている。成功して人が変わった・・・嫉妬している人たちの見方が変わっただけ。

  • 全部実行したら間違いなく周囲の顰蹙を買うどころかフルボッコにされそうな言葉達。でももし言ってる人いたらついていきたくなる。そんな言葉達。

  • 社交辞令と馴れ合いを捨てて本音とスピードを重視して生きろという話。

    この程度で離れていく人ならそもそも関わる必要がないというのは事実に思える。見習おう。

  • 手軽に読める分量で、暇潰しには丁度良い。
    愛読書や指南書として、手元においておくという意味では薄い内容。

    若い人は読んでも内容を鵜呑みにはしないほうが良い。(勿論、参考にすべき内容もある!)

  • かなり過激で気持ちいい。
    ぜひ使っていこう。

  • 一瞬で読めて刺激的でおもしろかった

  • 効果てきめんでした。

  • ヒンシュクといのはうらやましさの裏返し。
    アイディアを行動に起こし実現した人だけが偉い。
    歴史が変わる瞬間はいつも絶体絶命。
    プライドはコンプレックスの裏返し。
    ホンモノのお金持ちはいつも自分の頭に投資している。

  • 一風変った本

  • ロジカルだけでは、ダメなこともあると再認識できた。

    今日のなるほど
    ・それって矛盾してない?
    しているよ!
      →矛盾を含めたありのままを非ロジカルにインプットし、
       ロジカルにアウトプットできるように努めよう!
    ・これのどこがだめなの?
    ピン!とこないから!
      →人の最終決断はロジカルではなく、好き嫌いで決まる!
    ・ねぇ、私のどこが好きなの?
     顔。

全52件中 41 - 50件を表示

著者プロフィール

文筆家。愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。 東北大学教育学部教育学科卒。日系損害保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。コンサルティング会社では多くの業種業界におけるプロジェクトリーダーとして戦略策定からその実行支援に至るまで陣頭指揮を執る。のべ3,300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの対話によって得た事実とそこで培った知恵を活かし、“タブーへの挑戦で、次代を創る”を自らのミッションとして執筆活動を行っている。

「2019年 『人生を変えるアウトプット術』 で使われていた紹介文から引用しています。」

20代で群れから抜け出すために顰蹙を買っても口にしておきたい100の言葉のその他の作品

千田琢哉の作品

ツイートする