20代で群れから抜け出すために顰蹙を買っても口にしておきたい100の言葉

著者 :
  • かんき出版
3.60
  • (28)
  • (49)
  • (40)
  • (17)
  • (3)
本棚登録 : 402
レビュー : 52
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784761268091

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 19万部突破のベストセラーとなった
    『死ぬまで仕事に困らないために20代で出逢っておきたい100の言葉』
    の第3弾!!

    人生を大きく変えたきっかけは、うっかり口が滑った瞬間 だった。
    経営コンサルタントという仕事柄、これまで仕事を通じて数多くの成功者たちと苦楽を共にしてきた。
    成功者たちの昔話に耳を傾けてきた中で、ある共通点に気づかされた。
    成功者たちが凡人の人生から飛び出したきっかけは、うっかり口が滑った瞬間だったということだ。
    うっかり口が滑った瞬間は恐怖のあまりドッと冷や汗をかいて、心臓の鼓動が高ぶったという。
    「ああ、遂にこれで俺の人生も終わったな」と覚悟を決めたという。
    「ふー、これでもうこの世界で生きていけなくなった」と絶望したという。
    ところが10年 後に振り返ってみたら、事実はまったく逆だった。
    口を滑らせた自分自身に、みんな心底感謝したという。
    「逆に自分がもしあの時口を滑らせなかったら、とても退屈な人生の繰り返しだったに違いない」と口を揃えた。
    うっかり口が滑って会社をクビになったことが、起業するきっかけになったと億万長者たちは豪快に笑いながら口を揃えた。
    うっかり口が滑って大口の商談を逃したことが、会社の急成長のきっかけだと名経営者たちは力強い笑顔で口を揃えた。
    うっかり口が滑って村八分にされたことが、全国展開や世界進出のきっかけだとスーパースターたちは口を揃えた。
    うっかり口が滑って離婚したからこそ、その後運命の人と出逢って出世できたと満面の笑みでエグゼクティブたちは口を揃えた。
    口を滑らせないための教育は、もうすでに十分に受けてきた。
    口を滑らせない能力は、既存のレールの上を脱線しないように生きるための力。
    既存のレールの上を脱線しないように粗相なく生きたとしても、実はその先に気が遠くなるほどの長蛇の列が待ち受けている。
    余程の器用か変人以外は必ず途中で脱線してしまうだろう。
    だったら早めに口を滑らせて脱線して、自分でレールを創ってしまえばいい。
    そこには天国が待っているのだから。
    どんなちっぽけなレールでもいい。
    すべての人は、自分のレールを創るためにこの世に生まれてきたのだから。

全52件中 51 - 52件を表示

著者プロフィール

文筆家。愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。 東北大学教育学部教育学科卒。日系損害保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。コンサルティング会社では多くの業種業界におけるプロジェクトリーダーとして戦略策定からその実行支援に至るまで陣頭指揮を執る。のべ3,300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの対話によって得た事実とそこで培った知恵を活かし、“タブーへの挑戦で、次代を創る”を自らのミッションとして執筆活動を行っている。

「2019年 『人生を変えるアウトプット術』 で使われていた紹介文から引用しています。」

20代で群れから抜け出すために顰蹙を買っても口にしておきたい100の言葉のその他の作品

千田琢哉の作品

ツイートする