20代で群れから抜け出すために顰蹙を買っても口にしておきたい100の言葉

著者 :
  • かんき出版
3.60
  • (28)
  • (49)
  • (40)
  • (17)
  • (3)
本棚登録 : 402
レビュー : 52
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784761268091

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「サラリーマンの極刑なんて、所詮クビですよ」。いざっとなったら「辞めます」と即答できるように、圧倒的な力をつけておくことが重要であるということが印象に残った1冊です。本のまとめ、ブログは以下に載せています。

    http://kashiwabaray.com/blog/index.php?itemid=15&catid=2

  • 好きなタイプは?←美人でエッチ。上司が使えない←抜かしてみろ。給料安い←社長になれ。全部言った。

  • 勉強になるというより勇気をくれる。
    心が弱った時に読み返したい。

    恋愛編が特にいい。

  • 「顰蹙(ひんしゅく)を買っても口にしておきたい」というタイトルだけあって、厳しくさっぱりとした言葉がたくさん詰まっている。
    名言集のようなもので読みやすく、ためになるというよりは、笑って刺激になる本。

    以下、特に面白かった言葉。

    「2次会でゆっくり話そうか。」―「今話しましょう。」
    「あの人、何かイラッとこない?」―「その言い方もなかなかイラッとくるよ。」
    「俺のどこがいけないの?全部直すからさ。」―「そこ。」
    「どうしてひと言オレに相談しなかったんだ?」―「遅くなるからです。」
    「好きなことばかりやっていると、そのうち罰が当たるぞ?」―「嫌いなことばかりやっているのは、毎日罰が当たっているようなものですよね?」
    「えっ?新聞とってないのか?」―「えっ?新聞とっているんですか?」
    「さっきはみんなの前だから言わなかったけどさ。」―「みんなの前で言ってください。」

    これらを言える人はなかなかいないだろうが、印象を悪くしないためにオブラートに包んだ言葉ばかり発するのもよくないと思った。

    また、『命(時間)の無駄遣い』といったキーワードが多々出てきたのが印象的だった。
    無駄なことに労力を費やさないように、これは心がけたい。

  • 千田さんの本、たくさん読んでます。
    この本も面白いです。
    今まで言っちゃいけないと思ってた言葉が次から次へと…
    「私のどこが好きなの?」
    →「顔」
    「どんな女性がタイプ?」
    →「美人でエッチ」
    「私のことどれくらい好き?」
    →「シャワー浴びてなくてもお尻の穴舐められるくらい好き」
    って答えられる男の人、潔くて格好いい!

  • 古本屋に立ち寄った際に見つけた本。
    千田本の存在は前に読んで知っていたので,
    これはどういう内容なんだろうと様子見のつもりで開いてみた。

    2,3ページ読んだあたりで吹き出した。
    題名通り,言い放つとリアルに顰蹙を買うであろう言葉が並んでいた。

    例えば,
    【別れ話でもつれてしまったら】の頁

    「俺のどこがいけないの?全部直すからさ。」
    に対して,
    「そこ。」

    ナヨナヨした懇願に二文字で斬り捨てているのが非常に痛快である。

    他にも説教,哀願,愚問などに対して,
    無理に他人に合わせることなく,自分を貫くための100の言葉が紹介されている。

    もしあなたが人に合わせるのに疲れている若者なら,
    100の言葉のうちのどれか1つが,現状を変えるきっかけになるかもしれない。

  • やる気になります。

  • 社会人対象。毒舌ww結構ストレートに物を言うと自負している私でも、実際に使える言葉がちらほら。これをきっかけに口癖を変えるのも楽しいと思うよ。

  • いつもの千田さんの本よりは共感できることが少なかったが、ビジネスだけでなくプライベートの場面まで踏み込んでいて、面白い。全部この通りに生きると、かなり過激な人になると思うけど、少しでも近づければ。

  • ビジネスマン向けかな。30代女、ワーキングマザーですが、あまり心に響きませんでした。

    もちろん、言えたらスカッとするんだろうけど。なんというか、毎日に追われてしまっている自分には眩しかった。

  • さまざまな問いかけに対する返答をまとめたものです。爽快な気分になれます。ただ、目次に全部書いてある点が惜しいです。amazonですべて見ることができちゃいます。

  • 10分程度で読めます。
    かなり過激な言葉もありますが、おもしろいです。
    馴れ合いにならない人付き合いの部分が勉強になります。

  • 千田さんに一生着いていきたい。
    たまに千田さんの言葉がおもしろくてひとりでニヤッつら!!

  • [図書館]
    読了:2012/9/25

    p. 45 「値切ってくる相手は、安くしたからといって感謝なんてしない。『値切れるのだったら、最初からその値段にしとけよ』と思われておしまいである。

    p. 80 「条件が悪いのですが熱意で勝負します」「条件をよくすることに熱意を注いでください。」

    p. 185 長所を見つけるためには知性が必要だが、欠点を見つけるだけなら知性は不要だ。
    あなたより役職が上だということは、属する組織の本音がそうだからだ。

    p. 192 うちの会社に可愛い子いなくない? いたら相手にされるの?


    面白いんだけど…。
    成功した人はこういうことを言っていたからって、こういうことを言う人が成功するわけではないし、成功した人全員がこういうこと言うわけでもなかろうし。うーん。

  • この言葉を口にするには自分はまだ不完全。

  • ビレバンで発見。

    Q&A方式で
    「Q.こんなしょうもないこと言われたらどうする?」
    「A.こう言い放ってやれ!」
    のセットが次々に続く。

    実際に言っちゃったら顰蹙どころじゃない言葉もかなりあるけど、
    これがスパッと言えたら気持ちいいだろうなー、
    と読みながらニヤニヤした。

  • (推薦者コメント)
    人生を考える一助になる。

  • 若い人を対象としていいるが、30代が読んでも十分響く。
    逆にサラリーマンに染まった30代だからこそ、読むべきなのかもしれない。
    著者が言いたいのは、愚痴や陰口を言う人、決断が遅いまたは普段から考えていない人とは付き合うな。と言う事。そしてそんな人に嫌われても、実害はないと言う事。
    なんとなく仲間と言う感じで、冴えないグループに入って傷をなめ合っている時間を、仕事の成果や自己研さんに充てて、少しでも抜きんでる存在になることが大切だ。本当の友達を見極めろ。と言う事だろう。

  • 01愚者
    23.つべこべ言わずに、まず自分が考えながら、行動するトップバッターになる。
    26.もっとじっくり考えたら?→じっくり考えたらNOになる。
    32.ここが納得できないのですが。→じゃあ、やらなくていい。
    35.念には念を押す臆病者にからまれたら?→要は、自分が責任をとりたくないだけの臆病者に過ぎない。

    02打診
    43.「次」があると考えると夢は遠のくが、「今」を大切に生きると夢が近づく。
    48.別にどっちでもいいのですが。→じゃあ、やめましょう。
    51.未来を変えたいのであれば、たった今発している言葉から変えてみる。
    61.無関心なことを無関心だと伝えれば、好きな人と好きなことができる人生に一変する。

    03勧誘
    65.他人に説得されたものではなく、自分が納得したものしか継続できない。
    67.その商品が本当にオススメであれば、本人が必ず購入しているはずだ。
    75.偽物は自ら無理に勧誘しなければならず、本物には人が勝手に集まってくる。
    78.あの人、何かイラっとこない?→その言い方もなかなかイラっとくるよ。
    79.ムカついている人は、自分が周囲をムカつかせている人だと気づく。
    83.よかれと思ってやっている顧客の囲い込みは、実は顧客のためではなく自分のためであると気づく。

    04哀願
    87.「辞めます」と言うのは怖いが、サラリーマン最高の快感でもある。
    88.俺のどこがいけないの?全部直すからさ。→そこ。
    89.「納得いかない点はどこでしょう?」と悪あがきされたら、「そのしつこいところ」と即答しよう。
    92.長い付き合いじゃないか。→「今までありがとう」の間違いでは?
    99.早い段階で断ると主導権を握れるがわ遅い段階で断ると恨みを買ってしまう。
    104.ちゃんと説明したいのですか。→では、まず結論から言ってください。

    05説教
    108.どうしてひと言オレに相談しなかったんだ?→遅くなるからです。
    114.好きなことばかりやっていると、そのうち罰があたる?→嫌いなことばかりやっているのは、毎日罰があたっているようなものですよね?
    116.人生の先輩として言わせてもらうが。→結構です。
    117.自分が将来こういう人にだけはなりたくない、という人の話は無理して聞く必要はない。
    123.身近な平均的な新聞購読者よりは情報に詳しい状態なら、新聞にこだわらなくていい。

    06愚問(仕事)
    131.いざとなったら「辞めます」と即答できるように、圧倒的に力をつけておく。
    132.決断の根拠は何?→好き嫌いです。
    135.矛盾を含めたありのままを非ロジカルにインプットし、ロジカルにアウトプットできるように努めよう。
    136.あの、あと三つほど説明していただきたいのですが。→とりあえずやってみなよ。
    137.質問魔の正体は、単にやる気のない臆病者だということ。

    07詮索
    157.お世辞や社交辞令は、本音ストレートパンチのひと言で瞬時に終わらせる。
    163.人は黙々と何かに打ち込んでいる人を見ると、怖くなって邪魔したくなる。
    170.どうしてそんなに急ぐの?→年老いてから成功したくないから。
    171.若いうちに成功すれば、その後老後を含めた何十年と成功を味わい続けることができる。

    08同意
    184.上がバカでやってられないよ。→出世して抜かしたらどう?

  • 例えば。
    口先だけの上司のいつものセリフ。
    「あんたの俺だって考えていた」

    それに対して。
    「だったら、やりましょうよ」と。


    ハッキリ伝えられるためには。



    自分の人生に腹を括り、武器を磨け。



    それがないと、ただのぶっ飛び問答集になる本。

  • 確実に顰蹙!と思いながら、楽しく読めた。ストレートに本質をついていて、読み終えると気分は爽快。実践する、しないは、別として。

  • 2012年

  • 普段本心で思ってて、言いたいけど言えないことが書かれていたり。。
    これを言うことで、好きな自分に近づけるだろうなって思った。
    見開きの右側に言葉があり、左側にその解説が書かれています。
    1時間ほどで読めてしまい、サクサクいけます。

    今が嫌な人、何かを目指してる人、目指したい人。。
    お金に余裕があれば、是非ご購入をオススメします☆

  • この本の事を知らない昔、私も同じ事を言い本当に顰蹙を買いましたが、全く後悔していません。本を読みながら懐かしく思いました。

  • 2012年15冊目。
    237頁。


    三省堂神保町店で購入。






    ≪本文引用≫
    p.27
     執拗に検討をすすめてくる人がいたら、GOサインと考えていい。

    p.73
     No.1とNo.2が明確であることが、共同経営成立の条件。

    p.114
     嫌いなことばかりやっているのは、毎日罰が当たっているようなものですよね?

    p.130
     サラリーマンの極刑なんて、所詮クビですよ。

  • 時間の無駄を極力減らす。

    ホントの友人を作るヒトコト。

    ・リーマンの極刑なんて所詮クビ程度
    失敗をビビるな。辞めても生きていける力を付けろ。

    二番目に好きな人と過ごす時間は無駄

    情報+情報=知識
    知識+知識=知恵
    ↑のプロセスは人間にしか出来ない。

    労働時間と収入は反比例する。

    ・比喩の重要性
    マジックテープの閃き
    人生を『旅』と捉えるか『ネズミの踏み車』と比喩するかで意味が変わる。

  • 本屋にて立ち読み。
    心の中では思うけど、実際に言うことはなかなか難しいだろうな。
    でも言えたら気持ちいいと思うし、言ってみようと思う。

  • 凹んだ時にサッ読むと、be positive.

  • 知人がくれた本。アフォリズム好きなので読んでみた。この作者の本は初めて。
    対人関係における甘えや依存を排し、矜恃を持って孤高に生きる。

  • 口を滑りやすいので気になった

全52件中 1 - 30件を表示

著者プロフィール

文筆家。愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。 東北大学教育学部教育学科卒。日系損害保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。コンサルティング会社では多くの業種業界におけるプロジェクトリーダーとして戦略策定からその実行支援に至るまで陣頭指揮を執る。のべ3,300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの対話によって得た事実とそこで培った知恵を活かし、“タブーへの挑戦で、次代を創る”を自らのミッションとして執筆活動を行っている。

「2019年 『人生を変えるアウトプット術』 で使われていた紹介文から引用しています。」

20代で群れから抜け出すために顰蹙を買っても口にしておきたい100の言葉のその他の作品

千田琢哉の作品

20代で群れから抜け出すために顰蹙を買っても口にしておきたい100の言葉を本棚に登録しているひと

ツイートする