人には聞けない恋愛心理学入門

著者 :
  • かんき出版
2.56
  • (0)
  • (1)
  • (9)
  • (7)
  • (1)
本棚登録 : 92
レビュー : 11
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784761268237

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 人を好きになるのは理屈じゃない、と思っていたが、そういうわけでもないらしい。好きになるには好きになるなりの、相性がよいには相性がよいなりの理由や理屈がちゃんと存在する、ということが、この本で分かる。

    パートナーを選ぶ時、きちんとその「理屈」を分かって見極めると、長い目で見た時に「よい相手と巡り合えたな」という実感が大きいのではないだろうか。

  • 恋愛心理学の本を読みました

    恋愛豆知識本というイメージですね
    参考にはならないかも……?

  • ヤマアラシ・ジレンマ

  • 恋愛って、たぶん心の経験だから、こういう本はくだらないかもしれない。だけど、引かれてしまうのが乙女心。なんて。

  • こういう本を読むと、なんかズルをしているような後ろめたさがある。

  • 帯文:”男と女の心にはすべて法則がある!” ”心のメカニズム理論から役立つ実践テクニックまでまるごと解説!!”

    目次:はじめに、第1章 恋心はどうして生まれるの?、第2章 男性の心のメカニズム、第3章 女性の心のメカニズム、第4章 しぐさ・ふるまいでわかる心理学、第5章 すれ違いの心理学、第6章 恋愛を成就・継続させる心理学

  • あまり驚く内容はなかった

  • 2016/2/14
    こころってなんやろ〜
    脳ってなんやろ〜

  • 恋愛かどうかはともかく、予想以上に入門でした

  • なぜ、人は恋をするのでしょうか。男性と女性のすれ違いは、どこで起こるのでしょうか。恋がうまくいく人とそうでない人は、何が違うのでしょうか。じつは、男性・女性の心には法則があります。心の移ろいも、男と女の真理も、すべて心理学で説明できるのです。本書は、男女それぞれの心のメカニズム理論から、実生活で役立つ実践テクニックまでを幅広く紹介した、恋愛心理の解説書です。男性・女性それぞれの心の特徴、しぐさでわかる人の心理、すれ違いの心理、恋愛成就の秘訣など……現代を生きる男女に役立つ内容を厳選しました。
    恋愛における数々の疑問に答える一冊です。

全11件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

目白大学名誉教授・社会心理学者

「2018年 『怖いくらい人を動かせる心理操作』 で使われていた紹介文から引用しています。」

渋谷昌三の作品

人には聞けない恋愛心理学入門を本棚に登録しているひと

ツイートする