10年先まで生き抜くリーダーの条件

著者 :
  • かんき出版
3.50
  • (1)
  • (0)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 30
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (304ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784761268558

作品紹介・あらすじ

人口減少社会とグローバル化が一気に押し寄せる経営環境のもと、売上ダウンによる赤字圧力はかつてないほど高まっている。
こうした環境下でも力強く利益を出し続けるビジネスリーダーはどうあるべきか、累計22万部「社長のノート」シリーズの著者が、縦横無尽に語りつくす。
ベースとなるのは、グローバル企業で語り継がれてきたマネジメント手法をアレンジしながら、著者が独自に確立した経営論。深層心理学を駆使したチームマネジメントなど、類書にはないディープなノウハウも満載!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 目新しさはないが、数多くの企業再生を手掛けた手法、ノウハウがのべられている。筆者の言う「知的腕力」と東洋的なマネジメントを備えた人間力の大切さ、そして部下を一人前に育てること。これがリーダーの役割である。

  • 10年先まで生き抜くリーダーの条件
    2012/8/1 著:長谷川和廣

    企業とリーダーを取り巻く状況は劇的に変わった。戦後の高度成長期やバブル期とは全く異なる経営環境のもと、私たちは生きるか死ぬかの戦いに打って出なければならない。

    10年先まで生き抜くリーダーは、異常値をいち早く察知し、問題を解決しなければならない。異常値の原因は多様であり、一筋縄ではいかない。そんな解決策を根本としてリーダーのあるべき姿を以下の6章から成る。

    ①リーダーとは「利益を生み出すシナリオ」を描ける人である②「利益を出すシナリオ」の描き方
    ③ヒット商品を生み出すのがリーダーの責任だ
    ④「社員の意識改革のシナリオ」はこうすれば描ける
    ⑤一人一人を戦力化する「部下指導のシナリオ」
    ⑥「利益を出すシナリオ」を実現した先にある企業の使命

    怖ぇ。著者のいうリーダーもそうであるがおそらく著者はものすごく怖ぇ人である。しかし、著者が冒頭でも述べていたように厳しいこの時代は生きるか死ぬかの戦いの最中にいる。そこではやはり著者のような怖ぇというか厳しく本気の本気で本質と向き合う気持ちを持ち立ち向かっていく人が必要なのである。

    2012年から時は経っているもより厳しい外部環境となっている昨今においてはさらに厳しいリーダーが求めれる側面もある。著者の考えを知るにつれ自分の甘さを痛感してしまう。

  • リーダーの条件とは?

    →目標設定力、企画力、実行力が必要
    環境が常に変化している中で、理想的な商品、サービス、ビジネスモデルが何なのかを探し続け、利益を出すシナリオを描く
    つまり、競争条件の分析が前提
    部下の考える力を取り戻すには、適切な目標設定が重要

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

会社力研究所代表

「2014年 『赤字も黒字も社長が9割!』 で使われていた紹介文から引用しています。」

10年先まで生き抜くリーダーの条件のその他の作品

長谷川和廣の作品

この作品に関連するサイト

ツイートする