「学び」を「お金」に変える技術

著者 :
  • かんき出版
3.42
  • (40)
  • (68)
  • (88)
  • (22)
  • (14)
本棚登録 : 799
レビュー : 91
  • Amazon.co.jp ・本 (223ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784761268596

作品紹介・あらすじ

資格をたくさん取ったり、セミナーに何度も参加したりと、学びにお金を費やしても、一向に収入が上がらない人が多数います。

著者は、これまでに1億円近いお金を学びに費やしてきました。そしてそんな人たちとは違い、信じられないくらいの成果をあげてきました。

その経験の中で、確信したことは、資格試験などの枝葉の勉強ばかりしても意味がなく、意識を変える学びをしないと意味がないということです。

著者が、いつ、どのような学びをしてきたか、というリアルな話を交え、成果を出す(収入を上げる)ことを目的にした勉強法を伝授します。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 学びをお金にを知りたくて読書。

    はじめにの学びをお金に結びつけようとする意識が足りないと痛感。もちろん学びも足りていないが。

    昨日一日凹んでいたのでちょうどいい刺激をもらう。学び、自分自身の価値を高めることを続けることが自分を次のステージへ上げさせてくれる。

    読み終わって凹んでいた時間がもったいなかったと思ったが、1日で学べたのでよかった。あとは自分で徹底的に調べて自分で決断することで氣持ちが切り替えられる。仕事でもそんな自分自身が決断することで自信となり日々の成長となると思う。

    世の中は味方1000人、敵1000人といいます(p197)
    この内容が印象に残る。

    人脈作りをするよりも自分作りを優先するは、渡邉美樹さんの本にも書いてあった。

    ナポレオン・ヒル・プログラムを始め各種プログラムやセミナーを学び続けているという著者。運命学に興味を持つ。

    本書は人によっては相性が合わないや受け付けない人も一定数いると思うが、私は、同じプログラムを学ぶ人間として大いに勇氣とやる氣をもらえる。

    学びをどう行動やアウトプット、そしてお金へ変えていくかを日々考えたい。

    再読する予定の本。

    読書時間:約1時間5分

  • 学びによって意識が変われば、行動が変わる。人生は行動の結果です。人生の価値は学びの質と量によって変わる。
    思い切って背伸びすると現在の自分のレベルかr亜頭1つ2つ抜け出せる。はるか上のステージの人々と交流する。
    自分が強運だと自覚すること。

  • 成果がほしいなら、意識を変える学びをする

    学びの成果は経験を重ねることによって、どんどん磨き上げられいき、付加価値が加わっていく

    一つのものが自分のものになるまでには、感謝すべきことが多く重なっている

    自分を磨いていけば必要な人とは自然に出会う

    まず、達成感を味わう。学びの喜びはその延長線上にある

    常にその時にできる学びをするのだという意識をもつ

    自分の人生の価値を最大化する学びとは、
    人としての意識や生きていく姿勢、仕事に向かう意識やモチベーションを高め、磨いていく努力である

    学びのある1日は、学びのない長い歳月にも勝る

    人生はどんな場合にも、可能性が残されている。打開の道はそこから開かれていく

    「意識を変えること」「強く意識すること」

    心の底から、ただ素直に思う

    自分が思う通りの生き方を実現し、そのことに深い満足を感じる

    学びや教養、心の豊かさなどは物理的な世界の物とは次元が異なり、
    分かち合えば分かち合うほど拡大するという法則性をもっている

    豊かな人生よりは豊かな人間になりなさい
    なぜなら、豊かな人間こそが豊かな人生を築きあげるからです (夏目志郎)

    今の現実は、まぎれもなく、自分が蒔いた種によるものです

    苦しい努力はしない方がいい
     →目の前の苦しい(と思える)ことよりもはるかに大きな目的・目標をもつこと

    時間を"買って"つくるとは、自分の時間は最大価値を発揮することに使うということ

    仕事で得られるお金に大きな関心をもつ

    お金は使ってこそ生きる。そしてお金が生きた証が蓄積されてはじめて真の豊かさがもたらされる

    お金の使い方は人格の一部

    小さな価値観にしばられていないで、どんどん自分の世界を広げていく

    笑顔と「ありがとう」という言葉は、太陽に匹敵するすべてのエネルギーの源泉

    モノをつくる前に人をつくることが大切 (松下幸之助)

    勝利は内面との葛藤に打ち勝った者のみに与えられる

    勝ちグセを刻み込む

    微差が大差を生む

    これに関しては人に負けないというものを何か一つもつ

    学びで自己を研鑽し、人間力を育てた人はどんな時代でも価値がある

  • 勉強の仕方ではなく、心がけの話。
    本を読む。勉強をする。そのあとが大事。
    インプットしたらアウトプットをしなきゃだめ。

    以前、この人の本を読みましたが、比較的同じ話が多い感じがします。
    再認識させられて部分もありました。

    マーフィーの法則は読んだことがないので、読んでみようと思います。

    男性が書いているこの手の本(「学び続けましょう」的な)は、家族の協力がないと難しいと再認識しました。

  • 心のぶぶんはとても大事ですよね。
    継続や努力など・・・
    思考は現実化するといいますものね・・・
    がんばるぞ~

  • 学びをお金に変える技術というより、どちらかと言うと、モチベーションアップに重きを置いているような内容であった。学びを楽しいと思えたら、きっと成功するような気がする。何をするにも目的を持って、その目的の為に、確固たる意志を持つことが大切だということが良く分かった。この本を読んで、読みたい本が出てきたので、早めに買って読もうと思う。

  • PDF
    自己研鑽

  • ポジティブになれる内容ではあるが、学びをお金に変える具体的な方法については述べられていない印象。ただし、引き寄せの法則などについても書かれていてポジティブな思考になれる本。全てを読まなくても、タイトルと本文の太字部分を読むだけで本のエッセンスがわかる。

  • 井上裕之さんという歯科医で学びに対する貪欲な姿勢でセミナー講師をされてて、本を沢山出しておられるのに未だに人生は学びにつきる。
    NLPでも習った、潜在意識に重要性を置いておられ、確かに「◯◯は叶う」と潜在意識に語りかければ、意識もその方向に行くであろうし、かないそうと思った。

  • 著者が開業している北海道の歯科医院には
    受診のために、関東や海外からわざわざ来る人がいるそうです。

    「楽しいから学んでいるので、つらい努力とはまったく無縁です」という著者は、
    どのようにして、学びをお金に変えたのでしょうか?

    その中から4つのポイントを紹介します。

    ------------------------------------------
    (1)自分の仕事にハマり、奥深さを知る
    ------------------------------------------

    「天職は誰かに与えられるものではなく、
     自分で天職に育てていくもの」

    営業なら営業に必要とされるスキルや心構えをまず、
    徹底的に勉強してみることです。

    勉強しようという気持ちさえあれば、
    学ぶ場も教材もいくらでもあります。

    自分の仕事の世界の奥深さを知ると、
    どこまでもそれを探求してみたくなっていくはずです。

    ------------------------------------------
    (2) 自分自身の希少化
    ------------------------------------------

    私は歯学博士であると同時に経営学の博士号も取得しています。

    専門分野のスキルを磨くことは、
    向上心のある人ならば、誰でも思いつきます。

    そこに語学力をプラスする。
    さらに自己啓発系の学びもすることで、自分自身を「レアメタル」化する。

    ------------------------------------------
    (3) 「いつか」ではなく「今」
    ------------------------------------------

    「いつか……やりたい」ではなく、
    「いま、やろう」。
    そして、日々やろうと決めたことはしっかりやる、
    それができる人。

    それをつづけている人が、40代、50代になったとき、
    大きな成功を手にしているのです。

    ------------------------------------------
    (4)年齢ごとの優先順位
    ------------------------------------------

    30代では仕事の勉強から人間性の学びへと軸足を移し、
    40代は人間性の学びを最優先順位におくとよいと思います。

    優先順位の変化は、
    仕事や学びが進化した結果だといえるでしょう


    この本の中から1つでも2つでも行動に落とすことで、
    人生が好循環になるきっかけになるといいですね。

全91件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

歯学博士、経営学博士、経営コンサルタント


「2018年 『がんばらなくてもうまくいく考え方』 で使われていた紹介文から引用しています。」

「学び」を「お金」に変える技術のその他の作品

井上裕之の作品

この作品に関連するサイト

「学び」を「お金」に変える技術を本棚に登録しているひと

ツイートする