英語を続ける技術

著者 :
  • かんき出版
3.64
  • (4)
  • (12)
  • (10)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 110
レビュー : 11
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784761268657

作品紹介・あらすじ

■英語の3大ストレスがあなたの脳と心をジャマしている!
英語ができない…という悩みより、「英語学習が続かない」という悩みを抱えている人のほうが多い。
そこで、だれでも「英語が続けられる」方法を自己流のメソッドでTOEIC満点を獲得した著者が伝授します!

■言語学からみた英語学習本が初登場!
著者は学生時代に言語学を専攻し、英語を習得し始める。
言語学は「脳科学」や「心理学」の垣根を超えて研究する学問であり、
著者はこの言語学を通して「脳科学」「心理学」の重要性を習得。
そして、そのメソッドを活かし現在、2000人以上に「英語学習」を指導。
今回は、そのメソッドを初公開します!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • メモ

    ・英語を勉強と思ってはだめ
    ・英語ができる人は常に生活の一部に英語がある
    ・日本人は減点方式で、実力があるのに「できない」と言う
    ・興味から入る(自分の好きなこと、趣味など)
    ・一日一回疑問を持つ→一日一つ単語を調べる

  • タイトルに「英語」と入っているけれど、この本に書かれていることは「英語」に限ったことではなく、他の勉強や仕事にも当てはめることができると思います。
    「好きこそものの上手なれ」ですが、好きになるには、まず興味・関心を持つことから。
    この本に書かれていたことを参考に、いろんなことにワクワクして上達していきたいと思いました^^
    英語を使う機会はないけれど、また勉強してみようかな??

    http://d.hatena.ne.jp/tkazu0408/20121201/1354332835

  • 書いてあることに目新しい事は無いが、それだけに腑に落ちるというか、やはり努力しないとダメだよなぁと納得した。ただし、その努力は無理やり本を一冊やるとか、単語帳を一冊まるまる、しんどくてもやる、という意味ではなかったので、よかった。とにかく、毎日英語スイッチをオンにすることの大切さが分かった。メンタルから入ると、確かに効率も上がりそうだし継続できそうだ。自己暗示も有効なのかなーと思った。

  • 辛くなったらまた読もう。。。( ; ; )

  • 意味でなく、音で聞く
    英語は話し手が大変、日本語は聞き手が大変
    楽しく英語をやる
    空気を読まずにはっきりいう言語

  • 続ける技術の英語版とみた

  • 僕も過去、英語の学習に関する解説書に当たるものは
    山ほど読んでいますが、 このような形態の書籍とは
    出会ったことが ないですね。

    冒頭から「脳科学」について数十ページも触れて
    いると いう点からかなり斬新です。

    単純に知的好奇心を刺激されます。

    「何故、英語の勉強が続けられないのか?」

    という自分自身への問いに対して。

    本書ではまず学習時において「潜在意識」を
    味方につけることに対する重要性について
    かなりのページを使い説いています。

    手法については様々な見解があると思いますが、
    最近、多くの読者に支持される本の傾向として

    「著者が心底、勉強の継続を読者に楽しんで
    ほしいと 思っている」

    かどうかってことが要素の一つに挙げられることは
    事実ではないでしょうか。

    本書を通じて、その想いはしっかりと読み手側へと
    伝わってきますね。

    「すべては面白いか、どうか」

    このメッセージに集約されているような気がします。

    さて本書、精神論だけではなく、具体的な
    メソッドも満載です。

    「意味を考えずに、音に集中して真剣に聴く」

    というヒアリングの勉強法については、かなりの
    衝撃を受けました。

    なぜなら、4歳半の息子が目の前で行って
    いることを 見て、その解説が実に腑に
    落ちたからです。

    (この辺りの実例についてはブログの方で書きたいと
    思います)

    いろんな実用的なメソッドが満載ですが、僕が一番
    勉強になったのはこの部分ですね。

    さて、本書は全体を通じて、

    「英語をもっともっと身近なものにしてほしい」

    という筆者の強い願いみたいなものを
    しっかりと 感じる一冊です。

    英語を遠ざけているのは、なにより自分の
    心理的な 部分なのかもしれませんね。

    そんな点に気付かされます。

  • 言語学を、脳科学と心理学の面から、どうすれば英語学習が身につくか?をわかりやすく説明

  • 英語への苦手意識をなかなか克服出来ずにモヤモヤしている人にお勧め。勉強しなきゃとか暗記しなきゃとか、こうしなきゃという意識を取っ払う手助けをしてくれる。ただしあくまでも心構えの入門書であり、実際に上達するには自分で試行錯誤して参考書だったりの学習方法を模索する必要がある。


    ************
    *英語を学問ではなく「同居人」にする
    *リスニングは意味を考えず音だけに集中する(右脳リスニング)
    *英語は日本語の2倍母音がある。英語の音を日本語に直して覚えない。ex.hat/hut
    *英作文は並び替えの選択肢を隠す

  • TOEIC満点を取っている著者だけあって、非常にためになった。
    脳科学、言語学、心理学という3つの観点で英語の取り組み方を説明した良書。
    【備忘録】
    ・頑張ってはダメ。頑張るのは潜在意識が反対しているから挫折する危険性が高い。
    ・英語を生活の一部にする
    ・興味を持ち続けること。脳はその人にとって大事だと判断できる情報を見つけ出してくれる。
    ・形からではなく興味から入ろう
    ・1日1つ新しい単語を調べよう。「この日本語は英語で何と云うんだろう?」という疑問を毎日1回持つようにする。興味があるものを選ぶこと。
    ・学習日誌をつける
    ・「アー」という音をアメリカ人は「右脳」を使っており、日本人は「左脳」を使う。
    ・リスニング力の本当の高め方は「意味を考えずに、音に注意して真剣に聴く」こと。聞き流しはダメ。
    ・確認リスニング。
    1.音だけに集中して、真剣にリスニングを行う
    2.スクリプトを見て、何と言っていたのかをしっかりと確認する
    3.聞き取れなかった箇所は何度も繰り返し聴く
    ・音読
    1.ネイティブの発音を聞き、スクリプトを確認して、どのように発音されているのかをしっかりと理解する
    2.ネイティブの真似をして、スクリプトを音読する
    ・やりっぱなしにしない。何が間違っていたのか、どこがおかしかったのかきちんと確認する
    ・目的に合った教材を選ぶ。

全11件中 1 - 10件を表示

プロフィール

西澤ロイ(にしざわ ろい)/「英語学習に悩む人のためのかかりつけ医」として、「英語の病因」の根本対策に取り組んでいる。企業研修、英語講座、学習相談、独自教材などを通じて、5,000人を超える英語学習者に劇的な効果を発揮。もともと全くしゃべれず、英検は面接のない4級止まり。しかしその後アメリカ留学を経て弱点を克服し、TOEIC 990点満点を取得。「本物の英語力があればTOEIC 対策はいらない」という信念のもと、問題研究ゼロでTOEIC 満点を連発。信念が確信に変わる。本書はその確信に基づく講義を、QRコードを用いた斬新な形式で提供。テクニックではなく真の英語力でTOEICが解けるようになる。著書に『頑張らない英語学習法』『頑張らない英文法』(あさ出版)、『英語を「続ける」技術』(かんき出版)ほか多数。著書累計10万部を突破し、更新中。

「2018年 『イングリッシュ・ドクターのTOEIC®L&Rテスト最強の根本対策PART5』 で使われていた紹介文から引用しています。」

英語を続ける技術のその他の作品

英語を「続ける」技術 Kindle版 英語を「続ける」技術 西澤ロイ

西澤ロイの作品

この作品に関連するサイト

英語を続ける技術を本棚に登録しているひと

ツイートする