「やらされ感」から脱出して自由に働く54の方法

著者 :
  • かんき出版
3.10
  • (1)
  • (5)
  • (11)
  • (1)
  • (2)
  • 本棚登録 :59
  • レビュー :8
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784761268725

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • p39
    いまの本当の自分の欲求に耳を澄まさなければ、10年後はさらにひどいことになっている。
    p170
    ともかく一万円でも二万円でもいいから、自分の努力によって報酬が変わる毎日を作り上げてみよう。
    p196
    あなたは何をした人として後世に語り継がれたいたろう。
    そういうことを軸にしていくと、小さな悩みや、人間関係のもつれなんかはどうでもよくなる。
    p206
    始めるなら、電子書籍がいい。

  • 公務員にはやりにくいアイディアや、やや突飛と思えるようなアイディアも多かったですが、これは面白いと思えたアイディアもありました。幾つかピックアップしました。
    ・イヤミも文句もたかが空気の塊、殴られるわけではない。怯えず淡々と受け流せ!
    ・週一回、得意な仕事でサービス残業し、自分の「好き」をアピールせよ
    ・イヤな言動を迎え撃て!キッパリ、ガツンと風穴をあけよ!
    ・オフの予定を「グッとくること」優先で決めれば、忘れていた感性が復活する
    ・やってみたかった仕事に「アルバイト」「ボランティア」でかかわる
    ・あなたは何のために我慢しているのか?「あなたが我慢しているのは、あなたが『我慢する』と決めているからである」

  • やらされ感は、自分でお金を稼ぐ経験によって払拭される。

  • 電子アプリの20の方法を読んだ。
    書籍版も読んでみたい。

  •  詳細なレビューはこちらです↓
    http://maemuki-blog.com/?p=8817

  • 「週末をやりたいことにつぎ込むためほとんど無償で仕事をさせてもらった…」云々の件がどこかで見た記憶がある。この本一度読んだことあったのにまた買ってしまったのか…?それかしっかり立ち読みしていたかだ…。(独り言)

    さて、
    タイトルのままやらされ感から脱出する方法が乗っている。
    独立を促すばかりの内容ではなく。
    今の仕事場にいながらでもやらされ感を緩和する具体的提案もある。なので平易に読み進められるし、幾つかの方法を実践してみようと思うし、読むだけで提示される自由感覚に心がふわっと軽くなる心地を味わえる。
    しかしお金と自分をめぐる現実の仕組みを理解し始めると、自分のやらされ感をその場しのぎで誤魔化すだけでは意味がないことが分かってくる。
    「やらされ感」を「命と時間を自分でも知り合いでもない誰かのために使われている」とまで考え詰めると、
    この本をより真剣に受け止めらるようになると思う。
    自由であるとはただ時間が無限にあって好き勝手出来るということではなくて、もっと自分の命(作品)を手塩に掛けて育てることが出来るということだ。
    もっと自分の命に価値を見出してよいと個人的には思えた。(ここまで無駄に重い内容ではない)

  • 働く意味を考えてみよう!

  • 活動的な人には参考になることが多いかも。

全8件中 1 - 8件を表示

潮凪洋介の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
デール カーネギ...
伊賀 泰代
デイル ドーテン
ジョン・キム
有効な右矢印 無効な右矢印

「やらされ感」から脱出して自由に働く54の方法はこんな本です

「やらされ感」から脱出して自由に働く54の方法を本棚に登録しているひと

ツイートする