儲ける仕組みをつくるフレームワークの教科書

著者 :
  • かんき出版
4.12
  • (25)
  • (28)
  • (12)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 330
レビュー : 24
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784761268954

作品紹介・あらすじ

「9セルメソッド」で考える世界一わかりやすいビジネスモデル構築法。「9つの質問」で利益が劇的に変わる。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ●儲ける仕組みのキーファクターは「お客様の用事」

    この目次でいう「お客様の用事」とは?

    商品やサービスを買うのは、その商品が「欲しいから」ではなく「用事を解決したいから」

    つまり「ニーズは結果」。
    着目すべきは「用事」となる。

    -----
    これはわたしが何か企画をプレゼンする際、最もモヤモヤしていたこと。
    他のメンバーが何かと「ユーザーのニーズを聞く」という手法を取りたがることに対して腑に落ちない感じを抱いていたにも関わらず、うまく説明ができませんでした。
    ニーズを聞くことが、マーケティング調査と思ってる人もすごく多くて、なかなか説得して前に進むことができなかった。

    けれど、著書の内容にあるように、ニーズを生み出すこと自体がプロの、お金をもらう側の「仕事」なんだと改めて思えました。

    例として「ドリルのニーズは『穴をあける』という用事から生まれたもの」ということが挙がっていました。

    この用事を解決することがニーズなのであれば、既存のドリルより、より簡単に穴をあけられるドリルを提供することも一つですが、
    お客様の代わりに「穴をあけるサービス」を提供したり、
    すでに「穴のあいているものを提供する」といったニーズも生まれるかもしれません。

    こう考えると、用事に対するニーズは1つではなく、ましてや既存のニーズに限ったものではないことが分かりますよね。

    ・・・つづく

  • BMCの要素+αをより分かりやすく説明したような内容。
    具体的例やブラッシュアップのやり方なども豊富に書かれている。

  • 9つの質問
    ①どんな用事を抱えている人をお客様にするのか?
    ②解決策として何を提示できるのか?
    ③どのように提案するのか?
    ④誰から儲けるのか?
    ⑤何で儲けるのか?
    ⑥どのようなタイミングで儲けるのか?
    ⑦どのような手順でやるのか?
    ⑧手順の中で何が得意なのか?
    ⑨誰と組むか?

  • 141124読了。107

  • 今抱えている課題を整理をするには、すっきりと使いやすい考え方でした。

  • 企画プランニングを如何に進めるべきかは、どの企業も頭を悩ませているだろう。
    個人的な経験であるが、「これから企画」というケースでよく見られるのが、情報が多すぎる もしくは、少なすぎるのいずれかである場合が多い。
    これは、何を明確にすべきかがはっきりしていないからかもしれない。
    この本には、これらが非常にシンプルに定義されている。細かく顧客要求を挙げ、品質要素に展開するアカデミックなQFDとは異なり、企画コンセプト=儲ける仕組みを明確にするためのフレームワークが示されている。
    この本で紹介されている「VRIO分析」で競争優位が見られない事業は、本当に頭を捻らないといけない。大いに参考にし、利用したい。

  • 顧客中心主義の儲ける仕組みのためのフレームワーク本。
    これはこれで納得できる。これ使っていろんな事業を評価してみたい。

    「片づけるべき用事」(jobs to be done)に着目して、それをビジネスモデルとしてつくりあげ、プロセスに落とし込むのに必要な検討手順が描かれています。顧客価値(ここでは片づけてあげたい用事)に貢献するかどうかを軸にVRIO分析ってのは、わかりやすい。

    そのうち、別の著書を読んでみようと思います。

  • いかにして儲けるしくみをつくるのか、シンプルなフレームを数種類用いて考え方、整理の仕方をレクチャーしてくれる一冊。
    ビジネスモデルを整理する9セルのマトリクスツールは実践的で使いやすい。言葉も平易なものが使われているため大変読みやすく、実際のビジネスシーンに活用しやすい知見が散りばめられている。

    ■ポイント
    ・まず顧客価値を考えよ、顧客中心主義
    ・利益が出ない3つの要因・・・決めるべきことの不足、決めたことの整合性、仕組みの陳腐化
    ・ニーズではなく、片付け無くてはならない用事に着目する
    ・支払った金額以上に感じるお得感こそが顧客価値
    ・何が売れているかではなくなぜ売れているか
    ・代替商品ではなく、代替可能なソリューション全てに着目して価格を決める
    ・誰から儲けるか、誰からは儲けないかを考えて決める
    ・儲けない顧客が儲ける顧客を連れてくる「顧客ミックス」

  • 〝儲ける〟というと、あまり印象の良くない言葉ですが、ここでは〝顧客中心主義〟とイコールの使われ方をしています。世の中にどのような価値を提案し、提供するかということと同時に、どのように適正利益を得るかということを、フレームワークを使って考えてみましょうといった内容です。不況が長引き、デフレに慣れてしまって、適正利益なんて・・・と誰もが思いがちですが、その前に懸命に考えることを忘れていたのかもしれませんネ。本書では、価値を創出する考え方を、とても丁寧に分かりやすく解説されていますが、けれどそれ以前に、情報収集力と理解力、発想力、想像力は必要不可欠のようです。

  • 請求記号:336.1/Kaw
    資料ID:50070369
    配架場所:図書館1階西 学生選書コーナー

全24件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

兵庫県立大学 教授 博士(経営学)
ビジネス・ブレークスルー大学 客員教授
大阪府出身。「現場で使えるビジネスモデル」をモットーに、その理論を実際の企業の中で検証する実践派の経営学者。初の単独著書である『ビジネスモデルのグランドデザイン』(中央経済社) は、経営コンサルティングの規範的研究であるとして第41回日本公認会計士協会・学術賞(MCS賞)を受賞。ビジネスの全体像を俯瞰する「ナインセルメソッド」は、さまざまな企業で新規事業立案に用いられ、自身もアドバイザーとして関与している。また、テレビ番組の解説や情報監修など、メディアを通じてビジネスの面白さを発信している。
著書に『儲ける仕組みをつくるフレームワークの教科書』(かんき出版)、『ビジネスモデル思考法』(ダイヤモンド社)、『そのビジネスから「儲け」を生み出す9つの質問』(日経BP社)など多数。

「2017年 『先輩、これからボクたちは、どうやって儲けていけばいいんですか?』 で使われていた紹介文から引用しています。」

儲ける仕組みをつくるフレームワークの教科書のその他の作品

川上昌直の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
伊賀 泰代
ロバート キヨサ...
ハロルド・ジェニ...
リー・コールドウ...
デール カーネギ...
有効な右矢印 無効な右矢印

儲ける仕組みをつくるフレームワークの教科書を本棚に登録しているひと

ツイートする