体の不調は腎臓でよくする!

著者 : 北濱みどり
  • かんき出版 (2013年4月24日発売)
3.63
  • (0)
  • (6)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :25
  • レビュー :5
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784761269074

作品紹介・あらすじ

冷え性、むくみ、めまい、老化、不妊症、アレルギー、心の病、不眠症…etc.に悩むすべての人必読!体の「水の流れ」を維持する腎臓の力を高め、健康で若い体になる方法。

体の不調は腎臓でよくする!の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  •  漢方のもとになっている中国の医学では、「健康の要は腎にあり」という有名な格言があるくらい、腎臓という臓器が果たす役割は大きいです。
     著者は、「腎臓を元気にする健康法を実践すれば、体の不調から開放される」と強調しています。
     本書は、漢方の知識をベースに、腎機能をアップさせるための健康法についてまとめた一冊です。

     詳細なレビューはこちらです↓
    http://maemuki-blog.com/?p=351

  • 健康法に関するいろいろな本を読みましたが、この本の提唱していることはかなり信憑性があると思います。

  • 足首をあっためる(サラシで巻く)
    血流をよくする
    でんでん太鼓

  • 一日3分から始めるカンタン健康法の北濱みどりさんです。3分から始めて自分のお気に入りの運動・体操を見つけ自分なりの健康法を確立できるといいですね。さて、老化は病気ではないので病気だと思っていろんな薬を飲むと逆効果ですがw、著者が説かれてるように、自分の体の不調を「年だから」と簡単にあきらめるのももったいないことですね!(^-^)体の60~80%は水分で、健康の要は腎にあり、腎臓を元気にすることの大切さを強調されています。この本では、そのための生活習慣や運動、マッサージなどが紹介されています。

  • 中医学(漢方)では、腎臓グループという考え方があり、腎臓が悪くなると尿、髪、耳、骨、脳、寒さ、恐れ・驚きなど色々な症状ができるようになる。体の血行を良くし、体を温め、(冷えているというのは血流が滞っている状態。ただ単に冷えているのではなく循環の問題)、ひじきや黒酢などの食事等々で腎臓をよくすると心も体も健康が保てる。内容は示唆深いが語り口がかなりいまいち。

全5件中 1 - 5件を表示

体の不調は腎臓でよくする!のその他の作品

体の不調は腎臓でよくする! Kindle版 体の不調は腎臓でよくする! 北濱みどり

北濱みどりの作品

体の不調は腎臓でよくする!はこんな本です

ツイートする