年収300万円でもお金の奴隷から解放されるたった1つの方法

著者 :
  • かんき出版
3.60
  • (2)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 22
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (184ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784761269326

作品紹介・あらすじ

投資への恐怖心が消える!超初心者のための富をつくる技術。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 投資信託を始めよう!って本。どの投資信託を買うべき?ってとこまでは書かれてない。しかし、良い本。

  • 投資信託で年利7%は出来るのでしょうか?

  • 投資という言葉を聞くと、
    「まとまったお金が必要なのでは…。」「ギャンブル性が強いのでは…。」など、マイナスな先入観を持っている人も多いだろう。
    そんな印象をとっぱらい、具体的に投資について検討したくなるのがこの本。
    年収が低い人でも気軽に、堅実にできる投資を紹介していく。

    前半は、なぜ今投資なのか、年収が低い人にはどんな投資が適しているのかの記述があり、
    後半は、積立投資としての投資信託の紹介と、その具体的な方法が書かれている。

    投資を考えているが知識がなく、何から始めればいいのかわからない、という人には必読の本。
    逆に、すでに投資の知識がある人や、FXなどですぐに大きな利益を求めている人には適さない本である。

    私は前者なので☆5。


    以下要点メモ。
    ネタバレあり注意。

    投資信託(ファンド)にはインデックスファンドとアクティブファンドがあり、前者はローリスクローリターン、後者は逆にハイリスクハイリターン。
    積立型の投資信託には前者が適する。

    商品は以下を参考に選ぶ。
    1.購入手数料が0。
    2.信託報酬が1%以下。
    3.純資産残高が増えていて、長期間運用されているもの。
    4.いろいろな種類が入っているインデックス型バランスファンドを選ぶ。

    どこから買うか?
    筆者オススメは、
    セゾンバンガードグローバルバランスファンド
    楽天資産形成ファンド
    SBI資産設計オープン
    マネックス資産設計ファンド

    だめなもの
    分配型
    旬のもの型
    派手な宣伝型

    以上に気をつけて投資をし、定期的に運用状況をチェックする。

  • 積み立て投信をしましょうという話。勝間和代の『お金は銀行に預けるな』と同趣旨かと思われます。

  • 投資信託について

    ◎購入手数料無料(ノーロード)
    ◎信託報酬1%以下
    ◎純資産高が増加し続けている
    ◎長く運用されている
    ◎インデックス型バランスファンドをえらぶ

    ×分配型
    ×流行りもの
    ×派手

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

株式会社ファイナンシャルインディペンデンス代表取締役。
1972年埼玉県生まれ。28歳のときに自己破産寸前まで膨らんだ借金を徹底した節約と資産運用によりわずか数年で完済。その後は「収入の複線化」「コア・サテライト投資」で資産を拡大。34歳の時にお金に不自由しない状態「お金のストレスフリー」を実現。株式会社ファイナンシャルインディペンデンスを設立。現在はその経験を活かし、マネー・カウンセリングで個別に相談に乗る一方、より多くの人にお金の大切さを伝えたいという思いから日本全国でセミナー活動を積極的に行っている。
『11歳のバフェットが教えてくれる「経済」の授業』『お金の不安が消えるノート』(フォレスト出版)、『お金が貯まらない人の悪い習慣39』(マガジンハウス)、『「なぜかお金が貯まる人」がやっていること』『10年後、金持ちになる人 貧乏になる人』(廣済堂出版)など、著書の累計部数は50万部を超えるお金のカリスマ。

「2018年 『金持ち老後、貧乏老後』 で使われていた紹介文から引用しています。」

年収300万円でもお金の奴隷から解放されるたった1つの方法のその他の作品

田口智隆の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ロバート キヨサ...
佐々木 圭一
ロンダ・バーン
OJTソリューシ...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする