金融機関からお金を引っ張る事業計画書のつくり方

著者 :
  • かんき出版
3.00
  • (0)
  • (1)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 29
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784761269357

作品紹介・あらすじ

社長の「人間性・経験」、事業内容の「核心」、お金の「筋道」。金融機関が事業計画書で必ずチェックするこの3つをどうアピールするか!その秘策。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 図書館で借りた。お金を引っ張れるかどうかはともかくためにはなりました。

  • 業種別の事業計画書のツボを教えてくれる

  • どんな業種や企業にも使える万能な事業計画書フォーマットはなく、何をアピールすべきかを定めた上で作成する必要がある。借りたお金をどう活用し、それがどのように企業の利益に繋がるのかを明確にする必要がある。従業員と顧客、顧客と顧客のコミュニケーション醸成が競合対策(競合への顧客の流出対策)になる。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

TBC受験研究会主任講師、中小企業診断士、コンサルティング・エクセルブレーン代表、NPO法人酒類業フォーラム理事。大学卒業後、日本マクドナルド㈱、富士電機ITソリューション㈱を経て、現在、中小企業診断士受験指導をメインにしながらも、酒販店の経営改善指導や、営業部門の売上向上支援などで活躍している。『経営情報システムクイックマスター』(同友館、編著)、『2006年版診断助言事例クイックマスター』(同友館、共著)他著書多数。

「2010年 『2011年版 中小企業診断士1次試験問題集 運営管理』 で使われていた紹介文から引用しています。」

田中秀一の作品

ツイートする