2時間で丸わかり 不動産の税金の基本を学ぶ

著者 : 吉澤大
  • かんき出版 (2014年2月19日発売)
3.83
  • (4)
  • (8)
  • (5)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :101
  • レビュー :8
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784761269784

作品紹介

「不動産の取引のどの場面でどんな税金がかかるのか」「節税などで有利になる境目はどこにあるのか」に絞り込んで解説した本です。

2時間で丸わかり 不動産の税金の基本を学ぶの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 個人と法人の違い

    年間不動産所得が420万円を越えると法人にしたほうが良い。

  • 不動産に関わる税金について一通り学習できる。素人でも1~2日で読めるし、ざっと知りたいという分にはレベルもちょうど良い。

  • 不動産の税務に絞った内容で非常に読みやすい。一般人が相続対策で読むような本ではない。不動産業者、生保、FP資格者向けかな。実際2時間で読むのは大変だと思うけど、頑張れば1日で読める内容。

  • 税金の本とか決算書の読み方の本とかとっつきにくいものが多い中わりとざっくりと全体像がつかめる本。詳しく知りたい場合はその時に調べればいいとしてざっくりイメージできるようになるのはありがたい。

  • タイトル通り、不動産にまつわる税金をざっと概説した本。
    不動産を「取得」「保有」「譲渡」「相続・贈与」したときのシーン別に関わりの深い税金の支払時期と、その趣旨とを簡単に解説していく。
    基本的な税率や計算方法、申告・納付方法のほか、主要な特例についても記載がある。

    これ一冊で実務に立ち向かうわけにはいかないが、不動産実務に対してそもそもどのような税金が絡んでくるかを頭に入れるには良い一冊。
    いざ細かい試算が必要になったら、国税庁等のHP見ればいいわけだし。

  • 不動産取得、維持、売却、相続に関する税金は様々だ。
    ネクストアクション
    □不動産取得税の免税
    □投資用減税の活用
    □税金の仕組みで国の政策が反映させている。知らなきゃ損!(むしろこれから使う)

  • 不動産における税金の仕組みがわかり易く記載されてます。本のタイトル通り2時間もあればポイントをおさえられますし、レベルに合わせた知識を得られるよう構成されています。実務をされる方には再勉強される時にオススメです。

  • 不動産にかかわる税金は、結構難しくてややこしい特例なども多く、なかなか難敵なのですが、この本は誰にでも理解ができるように分かりやすく、それでいて網羅的に書かれていて素晴らしい!手元に置いておきたいと思います。

全8件中 1 - 8件を表示

2時間で丸わかり 不動産の税金の基本を学ぶのその他の作品

吉澤大の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
エリック・リース
デール カーネギ...
クリス・ギレボー
ジェームズ アレ...
ジェームス W....
有効な右矢印 無効な右矢印

2時間で丸わかり 不動産の税金の基本を学ぶはこんな本です

2時間で丸わかり 不動産の税金の基本を学ぶを本棚に登録しているひと

ツイートする