残業ゼロで好業績のチームに変わる 仕事を任せる新しいルール

  • かんき出版
3.33
  • (2)
  • (8)
  • (7)
  • (3)
  • (1)
本棚登録 : 56
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784761270162

作品紹介・あらすじ

どんな社員も短期間で戦力に変える。上司は部下に負けてなんぼ、面談で聞くのは「プライベートが8割」、部下を動かすひと言レシピ、失敗を引き受ける覚悟をもつ、他人を介して部下をほめる、自分の弱みをさらけ出す…etc。900社以上に導入してきた「働き方を変えるコンサル」の手法を初公開!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • うん、まあ参考になりました。

  • どんな社員も戦力に変える任せ方
    ほめ方は参考になる

  • 面白い。勉強になる。即活かしたい事例が多い。

    以下要即実践
    p168 上司の答え方しだいで、グチも改善提案に
    黙って聞いたあと「それは私のマネジメントがわるかったから」と私の責任であると返す。
    すると非難やグチとして言っていた場合でも、改善提案に昇格する。
    そして「組織として考えなければいけない課題だ。いい提案をありがとう」と終わらせる。
    グチを、「組織への提案」と上司が捉える。

    p127朝メール 夜メール

  • 共著だけあって、これまでの似たような本とは、また違う感じで良かった。小室さんの部下への声かけが具体的にのっていた。

  • 【意外とできる】
    部下に仕事を任せることは実にむずかしいです。

    部下に任せてみると上司が思っている以上に部下はできます。
    上司が過小評価をしてしまっていることが多いです。

    ただ、任せてみると本当にできない状態に陥る部下もいます。そのあたりのさじ加減がむずかしいです。

    できる人はキャパが大きく、どのような業務でも苦労しながらこなしてしまいます。

    しかし、できない人を放置してはチーム全体としての能力向上が図れないので、部下を育て成長させていく必要があります。
    これがチームワークになると思います。

  • <本から得た学び気づき>

    ・部下の育成で大事なことは、最後まで諦めないこと

    ・自分でなければと思っている仕事も、いつかは自分の手を離れ、誰かに引き継ぐもの。自分の目が行き届いているうちに、仕事を任せ自身は後方支援にまわる。

    ・組織として望ましいのは1人の華々しい成果ではなく
     チームの力を合わせた安定した成果

    ・チーム全員が苦手な分野と得意分野を知っている状態にして、フォローし合うことでチームは活性化する

    ・部下との密なコミュニケーションを図るには、まず誉めることでモチベーションをあげて、心を開かせる

    ・自分の考えを前面に出しすぎず、誰かの発言に乗っていったように装うこともリーダーのスキルのひとつ。
    もし誰からも自分と同じ考えの発言がなく会議が思うように進まない場合は、普段からしっかり自分の考えを伝えていないからと反省材料にする

    ・会議の場で自分が一番気のきいた発言をして実力差を見せつけるのではなく、みんの意見を集約した形で終了することも、やる気をアップさせるチームマネジメントのコツ。

    ・本人の目標と会社への貢献の接点を自覚させ、主体性を持って目標に向かわせるのが上司の面談の在り方。

    ・厳しさの中にもわくわくするような期待感を持たせることが最も意欲は高まり、目標達成する確率もあがる。
    仕事を任せる→成功する→1つ上のレベルの仕事を任せる→成功するのサイクル

    ・人は自分が誉めてほしいと思うところに気づいてほしい。そこを見つけて誉めてあげることが効果的。
    誉めてばかりいたらつけあがるのではという点に関しては、その分難易度の高い仕事を増やして活躍してもらうだけのこと。

    ・誉めてチーム内を明るくし、部下を気分よく仕事に向かわせることが先決。ほめるというのは財源に入らない
    報酬のようなもの。

    ・前に進んでいることがわかれば、社員のやり方を尊重して自分のやり方を押し付けないようにする。頂上に辿りつく目的が同じであればルートは違っていてよい。

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

株式会社ワーク・ライフバランス 代表取締役社長。
資生堂を経て、2006年、株式会社ワーク・ライフバランスを設立。ワーク・ライフバランスコンサルティングを900社以上に提供している。クライアント企業では、労働時間の削減や有給取得率の向上だけでなく、業績が向上し、社員満足度の向上や、自己研鑽の増加、企業内出生率の向上といった成果が出ており、長時間労働体質の企業を生産性の高い組織に改革する手腕に定評がある。
2004年日経ウーマン・オブ・ザ・イヤー キャリアクリエイト部門受賞、2012年TED×Tokyoスピーカーに選出、2014年ベストマザー賞。
安倍内閣 産業競争力会議民間議員、経済産業省 産業構造審議会委員、文部科学省 中央教育審議会委員、厚生労働省 年金部会委員、内閣府 仕事と生活の調和専門調査委員などを歴任。
金沢工業大学 客員教授、アクセンチュア株式会社 D&Iアドバイザリー・ボード、朝日生命保険相互会社評議員。

「2018年 『マンガでやさしくわかる6時に帰るチーム術』 で使われていた紹介文から引用しています。」

残業ゼロで好業績のチームに変わる 仕事を任せる新しいルールのその他の作品

小室淑恵の作品

残業ゼロで好業績のチームに変わる 仕事を任せる新しいルールを本棚に登録しているひと

ツイートする