人生が大きく変わる アドラー心理学入門

著者 :
  • かんき出版
3.29
  • (5)
  • (12)
  • (13)
  • (5)
  • (3)
本棚登録 : 206
レビュー : 24
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784761270544

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 目的思考を思い出したい時や、勇気付ける言葉を見つけたい時に読みます。

  • きょうだい関係の内容がとても興味深かった。

  • ムック本に近い作り。見開きの2ページで図解的な開設。予備知識があると30分かからずに読める。後半は家族間の心理,夢の心理などで個人的にはホント?ってことが多かった。

  • 家庭で、職場で、学校で。窮地に陥った時、どのような行動をとったらよいのか。アドラー心理学は、その一つの道標となるだろう。
    物事がうまくいかない時、過去に目を向け、なぜうまくいかないのか原因を探るのでなく、未来に向けて目的意識を持ち、その目的のために何をどうすべきか考えることで、否定的な感情に囚われることなく建設的な対応ができるようになる。
    知識として理解するのみでなく、普段の生き方の中でアドラー心理学を意識的に取り入れて行けば、不要な揉め事に巻き込まれることなく、よりよい人生が送れるようになるのではないだろうか。

    本書は、1つ1つのトピックを見開きページにまとめてあり、入門書として非常に見やすく、分かりやすい。

  • アドラー心理学の5理論(自己決定性・目的論・全体論・認知論・対人関係論)に勇気づけ・共同体感覚は、フロイト心理学が衝動性・原因論・部分論を展開したのに対し調和や援助の気持ちを重用している点が現代社会に大きな効果を与える可能性を秘めている。勇気づけができるひとの6特徴(「尊敬」と「信頼」で動機付け・プラス思考・目的(未来)志向・聴き上手・大局を見る・ユーモアがある)はとても参考になるしそうしていきたいものだ。

  • 最初の数ページ以外は、かえって分かりづらかった。

  • オモロ

  • 図説もそうだが、例えが多く、またフロイトとの比較なども書かれていて、知識を整理するのに大変役立った。特に楽観主義と楽天主義の比較は勉強になった。

  • アドラー心理学に興味があったので買ってみました。
    非常にわかりやすくまとまっていたので、アドラー心理学とはどういったものか、なんとなく理解するには十分な内容じゃないかと思います。

    とはいえ、まだその本質というか神髄的なことはちゃんと勉強しなきゃいけないのかなー、ということで、今後はレベルを上げた本にもチャレンジをしていくべきかと思います。

    入門書としては、良い、と思います。

  • 2017年11月12日に紹介されました!

全24件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

有限会社ヒューマン・ギルド代表取締役。
上級教育カウンセラー、アドラー心理学カウンセリング指導者。
著書に『マンガでやさしくわかるアドラー心理学』2014(日本能率協会マネジメントセンター)、『人生が大きく変わる アドラー心理学入門』2014(かんき出版)、『親と子のアドラー心理学』2015(キノブックス)、『感情を整えるアドラーの教え』2016(大和書房)、『働く人のためのアドラー心理学』2016(朝日文庫)、『男と女のアドラー心理学』2017(青春出版社)などがある。

「2018年 『イラスト版 子どものアドラー心理学』 で使われていた紹介文から引用しています。」

人生が大きく変わる アドラー心理学入門のその他の作品

岩井俊憲の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
佐々木 圭一
ロバート キヨサ...
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

人生が大きく変わる アドラー心理学入門を本棚に登録しているひと

ツイートする