人を操る禁断の文章術

  • かんき出版
3.71
  • (42)
  • (86)
  • (55)
  • (15)
  • (5)
本棚登録 : 1044
レビュー : 92
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784761270568

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「相手に違和感を感じさせない」そんな文章術が記されている。

    ビジネスメールや広告訴求わ検討する際に役立つ。
    普段の生活シーンで役立つシーンは個人的にはあまりなさそう。

    「丁寧に書いてはダメ」「繰り返す」など目から鱗なポイントもいくつかあった。

  • この本を手に取った時点で操られていることに気づいた本

  • Daigoが書いたことになっているが、他の人でも書けるのではという内容。主にインターネットで商売をする人向けのように感じた。短い文章でいかに人をその気にさせるか、というもの。

  • なるほど!そういうことか!

    思わず膝を叩いてしまうあの手この手が満載!

    メンタリストならではの文章術で人を惹きつける方法が
    これでもかと披露されている。

    メンタリストということで
    相手を騙すんじゃないの?なんて
    穿った見方をする方も
    あるかもしれませんが
    安心してください。
    全くそんなことはなく
    真正面からの正攻法です。

    学生さんも社会人さんも読んで損なし!
    というより、読んでおくべき。

    丁寧な作りになっているので
    今日からでもすぐに使え
    重宝すること間違いなし!


  • 文章術とかいて、メンタリズムと読ませる。
    さすがDAIGOさんです。

    文章は、日常のあらゆるところで登場します。
    書籍、新聞、雑誌、広告、ネット記事、メール、ブログ、SNS、報告書、手紙などなど。

    文章の役割は、相手に何かを伝えること。
    事実を伝える。
    考えや気持ちを伝える。
    相手になにかの行動をおこさせる。
    文章自体を楽しませる。

    何らかのインプットを相手に与えるわけですが、文章の書き方で効果的に伝わるかは大きく変わるというのがこの作品のポイントです。

    内容は大きく3つのセクションに分かれています。

    3つの原則
    7つのトリガー
    5つのテクニック

    さすが、この作品自体もうまくまとまってます。

    中身は読んでいただくとして、私が心に残ったのは5つのテクニックのうちの一つ「追伸をつける」というテクニック。
    文章の本文で要件を的確に伝えたあとに、追伸で相手に対しての要望や行動してほしいことを書き記すという内容。これには「ツアイガルニク効果」を使ったテクニックという話。
    このブログでも過去に一度取り上げましたが、要は続きがあると相手の頭にその事が残ってしまうので、より心に残る文章になるということです。

    などと、書きながら、、、あの作家さんの作品は読み止めることができなくて、あの作家さんの作品がそうでない理由は、これなのかな?と言うことを思いつきました。この話はもう少し考えてみたいので、また後日。(ツアイガルニク効果使用)

    閑話休題。

    なので例えば、異性とのメッセージのやり取りで、
    「そういえば、この間面白い話聞いたんだよね。多分君が好きな話だと思うので、また今後あったときにゆっくりね」
    という文章で終えたりすると、
    「あーー何の話だろ。気になっちゃう、早く会いたい!」
    と、まあこうなったりするわけです。

    話をすっきり纏めちゃうと、そこで終わってしまう。あえて引っ張るという文章術もあるよ!という話でした。

    他にも「メールは下から書く」もテクニックとしてはよさげ。

    ぜひ皆様も読んでみてください。

  • わかりやすくまとめられていて、実践してみようと思った。



  • 多くの人に当てはまる性質を利用して文章を構成していくことで、人に影響を与えられる文章が書ける。

    性質はharmや7つのトリガーとして、わかりやすく紹介されていた。

    しかし、ある程度は皆が無意識にやっているであろうことが書かれていたため星は3つ

  • すごく分かりやすい内容です。
    7つのトリガーや4つの悩み、5つのテクニックと言ったように
    ポイントを整理して説明されています。
    実践できそうな一冊です。

  • ざっと流し読みした程度。
    コレを読むと、DaiGoさんの本のタイトルとか
    全部そういうことなのか〜って思ってしまう。。

  • ターゲットを決めて文章を書いてみる
    人の悩みは
    HARMに集約される
    年代によっても、同じテーマでもアプローチの仕方がちがう

    HARM
    health
    ambition
    relation
    money

    7つのトリガー
    興味、本音と建前、悩み、損得、みんな一緒、認められたい、あなただけの

全92件中 11 - 20件を表示

著者プロフィール

メンタリストDaiGo(めんたりすと だいご)
1986年生まれ、静岡県出身。新潟リハビリテーション大学特任教授。科学とロジックで超常現象を再現する「メンタリスト」を名乗る。Youtubeチャンネルで定期的に動画を配信、そこで紹介した本の全国的に売上が上がっており、本のインフルエンサーともなっている。代表作として『自分を操る超集中力』。その他にも著作は数多く、おもにメンタリズムと心理術をテーマにしたものが多いが、実践的な目的のための実用・ビジネス書もある。2019年5月28日、『 無理なく限界を突破するための心理学 突破力』を刊行。

人を操る禁断の文章術のその他の作品

人を操る禁断の文章術 Audible版 人を操る禁断の文章術 メンタリストDaiGo
人を操る禁断の文章術 Kindle版 人を操る禁断の文章術 メンタリストDaiGo

メンタリストDaiGoの作品

ツイートする