人を操る禁断の文章術

  • かんき出版
3.70
  • (41)
  • (82)
  • (55)
  • (15)
  • (5)
本棚登録 : 999
レビュー : 88
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784761270568

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数

  • 文章とは読み手を行動させるために書くものだ。
    テーマが明確です。

    営業メール、チラシ、提案書などの販促物から
    プライベートのメール、もしかすると
    小説などにも応用出来るかも。

    ・書かない3原則
    ・人を動かす7つの引き金
    ・5つのテクニックに従って書く
    この3→7→5の手順に沿って推敲すれば
    読み手の行動を喚起する文章が書ける、
    とても実践的で使い勝手が良い本です。

    新規の営業メールはアポイントに繋げる
    ことが目的だし、スーパーのチラシは
    店に足を運んでもらう事が目的。
    小説なら喜怒哀楽を刺激して、共感や
    感情移入をさせること。

    こう考えると目的の無い文章なんて無くて、
    読み手にどんなアクションを起こして欲しいかが
    明確であれば、あとは本書に沿って
    文章を推敲するだけ。

    さっそく反響目的の営業メールで実践した
    ところ、効果が上がりました!

    単に同様の本の寄せ集めとの批判も
    あるけれど、それを手練れのDaiGo氏が
    まとめて、メンタリズムの素人でも
    期待した効果を得られる様にTODOに
    落としてある所が本書の唯一無二の価
    値だと思います。

    一度手に取っても損は無いですよ。

  • ブログなどの文章を書くときに、書き方を忘れそうになったら、原理原則として、この本に書かれていることに戻ってくるのは良い事だと思います。

  • D3

  • メッセージを発信しても、相手が行動に移してくれなければ意味がありません。相手を思い通りに動かすには、どうすればよいのか?それ以前に、そもそもメッセージが、こちらの意図した通りに、うまく相手に伝わっているのか?本書には、文書によってメッセージを発信する際の技術、注意点が簡潔にまとめられています。
    わかっていても、つい忘れてしまいがちなこと、つい怠りがちなことを、再確認させてくれました。


    べそかきアルルカンの詩的日常
    http://blog.goo.ne.jp/b-arlequin/
    べそかきアルルカンの“銀幕の向こうがわ”
    http://booklog.jp/users/besokaki-arlequin2

  • 文章の書き方というより、心に響く初心者向けのキャッチコピーの作り方といった内容の方が割合が多かった気がします。
    この内容を知って周りを見渡すと、この技術がいかに世の中で使われているのかわかります。

  • ◯文章を書くときのスタート地点は、「相手にどんな行動をして欲しいか」を考えることです。(58p)

    ◯刺さる言葉はあなたの中にではなく、相手の中にある。(83p)

    ◯「初めてです」「変わりました」を文章に盛り込み、承認欲求をくすぐろう(151p)

  • 2017/01/08
    わかりやすくまとまっている本
    あとでまた読み替えす

  • 驚くほどよかった。1時間ほどでメモを取りながら読み切ったが、心理を操るってこういうことなのね。復習しよ。

  • 業務時間中の、メール・電話・Skype・対面の割合が80: 5: 5: 10ぐらいです。メールでは表情とか声とか伝わりません。そこに更にnon-native言語の問題がプラスされます。なので、ここに書いてあるようなことは知っておくに越したことはありません。とりあえず言いたいのは、短く!今時メールが長いのはクレーマーだけ。。

  • 【このメソッドでこの値段は安すぎる】

    ・ワンメッセージ・ワンアウトカム

    ・「誰」が読むのかの確認と分析が欠かせない

    ・材料を集めて文面を練ること

    ・読み手が待っているのは、自分に向けて書かれた文章

    ・そこに人の「顔」が見えるということが重要

    ・SNSを使った「リーディング」

    ・読み手が一緒になりたい、帰属したいと思っているカテゴリーを知ること

    ・メールは「下」から書く

    ・会話から文章を起こす

全88件中 51 - 60件を表示

著者プロフィール

メンタリストDaiGo(めんたりすと だいご)
1986年生まれ、静岡県出身。新潟リハビリテーション大学特任教授。科学とロジックで超常現象を再現する「メンタリスト」を名乗る。Youtubeチャンネルで定期的に動画を配信、そこで紹介した本の全国的に売上が上がっており、本のインフルエンサーともなっている。代表作として『自分を操る超集中力』。その他にも著作は数多く、おもにメンタリズムと心理術をテーマにしたものが多いが、実践的な目的のための実用・ビジネス書もある。2019年5月28日、『 無理なく限界を突破するための心理学 突破力』を刊行。

人を操る禁断の文章術のその他の作品

人を操る禁断の文章術 Audible版 人を操る禁断の文章術 メンタリストDaiGo
人を操る禁断の文章術 Kindle版 人を操る禁断の文章術 メンタリストDaiGo

メンタリストDaiGoの作品

ツイートする