2時間で丸わかり 会計の基本を学ぶ

著者 :
  • かんき出版
3.55
  • (3)
  • (2)
  • (5)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 80
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784761270964

作品紹介・あらすじ

自分に必要なポイントを選んで効率的に学べる!財務指標を暗記しなくても、決算書で会社の良し悪しが判断できるようになる!簿記の仕訳がわからなくても、経理の日常処理がこなせるようになる!決算書を読まなくても、会計的視点から意見が言えるようになる!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 【読書】会計初心者にオススメできる本を探し中。これは、かなりわかりやすい /

  • 会計知識ゼロなので、最低限の知識を得るのには役立ったように思います。
    が、まだまだこれで青色申告自分でできるとは思えませんが。。。
    内容が、会社の経理担当向けに書かれていたので、退職金やら出張費やら、自営業の自分にはあまり関係ないかなというような部分もあり、そこは読み飛ばしました。

  • この本、冒頭数ページを読むと2時間では読み終わりませんよ、とか書いてあって肩すかしをくらう。
    後輩のために買って読んでみたんだけど、内容は平易に書いてあるので経理初心者にはオススメ。ベテランは不要かな。

  • D3

  • 会計の知識をわかりやすく書いた一冊。

    仕訳などの簿記の知識がなくても、会計処理をこなせる様にするためのノウハウが基本からわかりやすく書かれており、零細企業で会計処理を行う初心者の方が読んでも対応できる内容になっていると感じました。
    また、経理処理の方法だけでなく、決算書の読み方や会計知識の深いところについても解説されており、初心者でなくても知識の深まる内容となっています。

    会計を知らない人でも基本的なことが学べ、自分の仕事に会計の新しい視点からアプローチすることのできる知識を身につけることのできる一冊だと感じました。

  • わかりやすくてちょうど求めてるくらいの内容だった。
    オススメしてくれた人さすがだなと。

  • おもしろかった。もっとはやく読んどきゃ良かった。

    1、2章で全員が読む基本のキ、3〜5章は目的別にどれか読んで合計3章で2時間くらいで読めるよ、という構成の本。
    言うほど丸わかりでも無いけど内容に対して非常に解説と例が理解しやすくて、財務3表のはじめの一歩としては良書っぽいよね。
    ポイントを掴んで俯瞰するにはちょうど良い…

    決算書の見方の概略を知れば企業の概略を知る
    またそれは企業の詳細を知りたければ決算書の見方の詳細を知らなきゃダメなんだなぁは思ったけど

  • 著者の『この1冊ですべてわかる 会計の基本』を読んだことがあり、わかりやすかったので読みました。

    簿記の知識なしで、会計の基礎知識、経理の実務の流れが学べました。

    『この1冊ですべてわかる 会計の基本』は会計を全体的を紹介した内容、直近に読んだ『図解「財務3表のつながり」でわかる会計の基本』は財務3表に特化した内容でしたが、この本はより実務に即した内容です。それぞれ特徴があり、どれもいい本でした。

    下記のブログでおすすめされている。
    http://lacucaracha.hatenablog.com/entry/2015/11/11/100336

全8件中 1 - 8件を表示

2時間で丸わかり 会計の基本を学ぶのその他の作品

岩谷誠治の作品

2時間で丸わかり 会計の基本を学ぶを本棚に登録しているひと

ツイートする