神社の神様に聴いた 天国に行ける人、行けない人

著者 :
  • かんき出版
3.89
  • (2)
  • (4)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 33
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784761271381

作品紹介・あらすじ

仕事上でも、人生においても、選択は避けられません。片方を選べば、もう片方はあきらめないといけない。どっちを選んでも後悔がつきまとうような気がします。後悔しない選び方、選択方法なんて、あるのでしょうか?神様は、「面白い人」が好き!!心がラクになる30のメッセージ。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 天国に行ける人、行けない人。はづき虹映先生の著書。自由に人生を楽しむ人は天国に行ける。人生を難しく考えたり、悩んだりするのはお門違い。単純に楽しめばそれでいい。素敵なメッセージをもらいました。

  •  詳細なレビューはこちらです↓
    http://maemuki-blog.com/?p=13335

  • 読んだことですごく気が楽になりました!
    地面に這いつくばって小さなしがらみに生きていた自分を解放しようと思います。
    自分を縛っていたのは何よりも自分です。
    神様ありがとう!
    1この世もあの世も天国も地獄も全て私たちの意識が作り出したもの2人生に意味なんてありませんただ遊びに来ているだけですから。あなたがそうしたければすればいいしそうしたくなければしなくてもいい。人はもっと自由に生きればそれでいい3この世で生きている時間を精1杯楽しんでほしい。すべてのアトラクションを制覇して思い切り遊び尽くせばあー楽しかったさを家に帰ろう。ルンルン笑顔で家路に着けるはず4全ての人がちゃんと思い通りの人生を生きています。だから教えにとらわれずあなたはあなたの思った通り自由に生きればいいのです。5あなたがあなたの苦しみや悲しみを認めてあげないでどうするのでしょう?苦しい時悲しい時は神様に甘え抱きかかえてもらえばそれでいい。大丈夫どんな時でも全私が付いていますから心配しないで。あなたはとてもよくやっています。

  • タイトルで興味を持って読んでみましたが、内容は特段変わって居る訳でもありません。天国と言う言葉で、色々と想像しますが、実際に天国と言う物がどうなのか?ストーリーとしては楽しめます。思考の気づきに焦点を当てている印象です。

全4件中 1 - 4件を表示

プロフィール

1960年兵庫県西宮市生まれ。大手百貨店にて販売促進業務を担当。輝かしい実績を上げて独立。
阪神・淡路大震災をきっかけに「こころ」の世界に目覚め、スピリチュアルな分野を中心に研鑽と実績を積み重ねる。
なかでも、古代ユダヤの智慧と呼ばれる「カバラ数秘術」をもとに、独自の編集を加えた「はづき数秘術(誕生日占い©)」を確立し、「コワいほど当たる」と話題になる。
現在は経営コンサルタント業と並行して、「占い」「スピリチュアル」「自己啓発」の分野を中心に、講演や執筆活動に励んでいる。
『2週間でお金の悩みがゼロになる魔法のレッスン』(かんき出版)、『お金に愛される魔法のお財布』(永岡書店)、『すごい片づけ』(河出書房新社)など数多くのベストセラーを生み出し、全著作の累計は80冊超、200万部を超えるミリオンセラー作家でもある。

神社の神様に聴いた 天国に行ける人、行けない人のその他の作品

はづき虹映の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
地曳 いく子
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする