1枚のアンケート用紙で「新規顧客」が「100回顧客」に変わる!

著者 : 小林未千
  • かんき出版 (2016年5月18日発売)
3.00
  • (0)
  • (2)
  • (1)
  • (2)
  • (0)
  • 本棚登録 :21
  • レビュー :4
  • Amazon.co.jp ・本 (236ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784761271701

1枚のアンケート用紙で「新規顧客」が「100回顧客」に変わる!の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • カウンセリングシートを通して、お客様の頭の中を整理し、本当の望みを引き出すヒントが詰まっています。
    お客様自身も、漠然としている未来イメージを一緒に共有できるのが良いです。お客様が自分のことを考えられるきっかけになります。
    オーナーや店長だけでなくスタッフもすぐに使えるノウハウに落とし込んであり、早速、社内で実践します。

  • アンケート用紙をガイドとして、見込み客の潜在的要望を聞き出しつつ、契約誘導へつなげるしくみづくり。お客さまのために役立つと営業側にもモチベーションとモラル向上が図れる。実践してまとめたところが感心します。早速僕もトライします。

  • 営業のノウハウ本は心理学的な会話テクニックといった内容が多いが、この本はカウンセリングシートというツールを使っているので非常に具体的。

    システマチックなツールを使いながらもちゃんと顧客の気持ちや自分自身の心の持ちようにも触れているのでどんな業種にもすぐに役立ちそうな内容が沢山です。

  • 1枚のアンケート用紙で「新規顧客」が「100回顧客」に変わる!
    著者:小林 未千


    売り上げをあげたい、営業成績をあげたい、販売するのが苦手という方は多いと思います。
    企業としてはお客様に自社のサービスを何かしらの形で販売、利用頂き利益を上げ存続しています。

    そのため働いている方は一生懸命にセールストークを磨いてどうすれば購入頂けるのか、新規のお客様になって頂けるか日々考えて仕事をされています。

    そのような悩みを抱えていたり、より成長したいという方にはぴったりの本書です。

    またアンケートというツールを用いて説明がなされていますが、根幹は人とのコミュニケーションをとり、傾聴し、満足度を上げ、提案するという流れを汲んでいますので、販売とは全く関係がなくでも、対人関係を円滑にしたいという方も使える内容になっています。


    本書では「アンケートシート」を「カウンセリングシート」と呼んでいます。
    この「カウンセリング」というのが本書のポイントです。

    普通の「アンケートシート」は企業が世間のニーズをヒアリングするために聞きたい事を書いてもらう為に使っていると思いますが、「カウンセリングシート」はお客様自身が深く認識していない課題、悩み、問題を上手に引き出し、確認しながら解決する為の方法などを一緒に考え提案する目的で使用されています。

    この考え方は非常に共感が持て、自分本意ではなく他者本意なので信頼もでき、結果満足度も上がってその企業のサービスを購入し、最終的には利益に繋がる「Win Win」の関係が出来るのだと思います。


    これだけ様々な商品が氾濫し情報過多の時代には、何を選べば良いのかわからなくなってきます。
    そういった時にただ売り込むのではなく、何を欲しているのか、何が合っているのかを明確にするよう導きご提案する事が必須な時代になったのだと思います。

    http://blog.livedoor.jp/book_dokushonikki/

全4件中 1 - 4件を表示

1枚のアンケート用紙で「新規顧客」が「100回顧客」に変わる!のその他の作品

小林未千の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

1枚のアンケート用紙で「新規顧客」が「100回顧客」に変わる!はこんな本です

ツイートする