いつも怒っている人も うまく怒れない人も 図解アンガーマネジメント

著者 :
制作 : 安藤俊介 
  • かんき出版
3.59
  • (3)
  • (7)
  • (4)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 76
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784761272081

作品紹介・あらすじ

アンガーマネジメントを身につければ…余計なストレスがたまらない!人づき合いがラクになる!自分を好きになれる!「怒り」が湧いたときの対処法、具体例が満載!!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 後悔しないように怒ろうなんだが。言わないと後悔するか、言ったら後悔するかで決めるって言ってもねえ。どっちでも後悔するのがわかってるときはどっちが大きいかで決めてるわけで。
    怒りを言葉にする。リスト。激怒、憤怒、激昂、癇癪、立腹、怒気、むくれる、むっとする、へそを曲げる、かっとなる、怒りがこみ上げる、気に障る、カリカリする、むしゃくしゃする、うざい、腹を立てる、立腹する、憤る、胸糞が悪い、目くじらを立てる、業を煮やす、地団駄を踏む、腹に据えかねる、語気を荒げる、ガミガミいう、ぷりぷりする、湯気を立てて、怒り心頭に発する、腹の虫がおさまらない、逆鱗に触れる、怒りを爆発させる、烈火のごとくに、堪忍袋の緒が切れる、はらわたが煮えくり返る。ここから追加。モヤっとする。モヤモヤする。イラっとする。げんなりする。かちんとくる。
    アンガーログ。べきの掘り出し。怒りの程度の数値化。
    コーピングマントラ。大丈夫は周りに不評なんだよね。
    ストレスログ。変えられる不可変、重要重要でない軸。
    グラウンディング。どうもおっかないらしい。不評。
    変化ログ。目標設定と行動計画設定。期間を設定。毎日見る、評価するのは行動計画設定のほう。
    有酸素運動。暑い時向きのは何だろう。
    自分や周りか長期的に健康でいられるかどうかで評価。

  • 図解版なのでとても分かりやすく原因と対処法が書かれていた。子どもにも読ませたい。

  • ・不安ログ
    ・アンガーログ
    ・べきログ
    (+数値化)

  • 怒りは自然な感情の中の一つで、気持ちを伝える伝達手段。怒りについて特徴や怒りが生じる本来のわかってほしい感情に気づくこと、怒りと上手に付き合う方法など具体的に図解されていた。
    対処法はすべてできそうなことではないが、日常の場面でできそうなことは取り入れたいと思う。

  • アンガーマネジメントの本は以前にも購入したことがあるのですが、
    ・女性の切り口で書かれている
    ・事例が少ない(原則を知りたかったので)
    ことが本書購入の決め手でした。

    普段ビジネス書を読まない人を対象に書かれているだけあってわかりやすい。「図解」の威力を実感!

  • アンガーマネジメントは、怒りで後悔しないこと。決して、怒ってはいけない、怒りを我慢することではなく、怒る必要があろときは適切な怒り方ができるようになり、怒らなくてもいいことには怒らないですむようになることを目指すこと。

全7件中 1 - 7件を表示

著者プロフィール

アドット・コミュニケーション株式会社代表取締役。一般社団法人日本アンガーマネジメント協会理事。大学卒業後、民間企業にて営業、社長秘書として勤務。現在は研修講師として民間企業、官公庁の研修・講演の講師の仕事を歴任。対象は新入社員から管理職まで幅広く、相互信頼をベースにした「伝わるコミュニケーション」をテーマに「アンガーマネジメント」「アサーティブコミュニケーション」「クレーム対応」「プレゼンテーション」「インストラクター養成」「女性リーダー研修」など多岐にわたる研修や講演を実施。講師歴は26年。登壇数は3000を超え、指導人数は10万人に及ぶ。

「2017年 『「つい怒ってしまう」がなくなる 子育てのアンガーマネジメント』 で使われていた紹介文から引用しています。」

いつも怒っている人も うまく怒れない人も 図解アンガーマネジメントのその他の作品

戸田久実の作品

いつも怒っている人も うまく怒れない人も 図解アンガーマネジメントを本棚に登録しているひと

ツイートする