記憶力が最強のビジネススキルである

著者 :
  • かんき出版
3.00
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 27
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784761272425

作品紹介・あらすじ

素質に差はない!あるのは「アタマ」の使い方の違いだけ。行動力・思考力・集中力・発想力・コミュニケーション力…今ある記憶を駆使すれば仕事の成果は劇的に上がる!仕事に必要なスキルが手に入る記憶の活用法。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 面白いと思った。新しくないかもしれない知識だけど、発見があった。
    「すべては記憶が源である」故、記憶が思考や生き方を左右する。人の決断や選択や癖や価値観は、記憶から紡ぎだされているものなのだ(当たり前だけど)

    だから、記憶をマネジメントすることが重要。ネガティブな記憶はそこからの派生に対してネガティブに働くし、ポジティブな記憶はその逆。
    また、インターネットと同様に、記憶はパーソナライゼーションが行われる。自分の志向で偏ってくる。だから、マネジメントが必要。

    記憶、は頭の中にあること、だとすると、こんな考え方はとっても当たり前なのだけど、記憶で物事を切ってみると、記憶は重要だな、と思えてきた。

  • 170416 一周1h15mくらい。記憶のマネジメントがいまいち腑に落ちてないのでもう一回読みたい。

全3件中 1 - 3件を表示

記憶力が最強のビジネススキルであるのその他の作品

宇都出雅巳の作品

ツイートする