マンガでよくわかるエッセンシャル思考

制作 : 星井博文=シナリオ制作  サノマリナ=作画  髙橋璃子 
  • かんき出版
4.04
  • (10)
  • (27)
  • (8)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 212
レビュー : 24
  • Amazon.co.jp ・本 (176ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784761272463

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 以前に本書を読んでいて、軽く思い出したかったので手軽にマンガで。文章の部分も簡単にまとまってて読みやすかった。
    「より少なく、しかしより良く」を心がけておくことは、本当に大事だと思う。

  • 漫画なので読みやすい。
    思っていたより尖ってない。
    単純に最優先事項に「今」集中しようという内容。

  • この本のメインアイデアは、過去でも未来でもなく、今、何が重要なのかを考えて選択と集中をして、少ない時間で成果を最大化するといいます。これをエッセンシャル思考と呼んでいます。

    漫画の方は、日々の業務で多忙な小学校教師が、エッセンシャル思考に出会い、自分の考えと行動を変えて、仕事のパフォーマンスを高めると同時に大きな喜びを感じる、といったストーリーです。

    この本で、大切なものを見極める技術、大事でない仕事や提案を断るための捨てる技術、イエスかノーかを判断するしくみ化する技術などが述べられています。自分は仕事でもプライベートでも生産性を向上させて、より充実した生活を送りたいので、この本のエッセンスを自分の習慣に少し取り入れてみたいと思います。

    選択肢が多い現代を生きる、自分にとって「本当に重要なのは何か?」ということを考えさせられた一冊でした。

  • 昨今の働き方改革に通じる話かなと思いました。
    やらなくてよい業務に対して、いかにNOを突き付けるか。

    日本にあって、古い体質が残る企業にあっては難しいことだと思います。働き方改革にしても、やたらと電子ツールや、残業規制などという安易な改悪に走っています。

    エッセンシャル思考自体は、とても素晴らしい考えです。
    あとはこれをどのように周囲へ浸透させるのかは、トップダウンしかないと思います。個人の力には限界があるでしょう。

    上手な断り方、については勉強になりました。

  • 漫画が割とありそうな話で面白い。
    ただ、原著にも言える事だが、量の割には内容が薄い!

  • 漫画がわかりやすかった

  • 頼まれたことを全てやるのではなく、自分にとって本当に大事なことに集中する。
    90点ルールや一般的・具体的と平凡・刺激的のマトリックスによる本質目標に力を注ぐことなどためになることが多かった。その中でも授かり効果が自分の心に響いた。今、自分が所有しているからといって物の価値を過大評価し手放せない自分を変えたいと心の底から思った。

  • エッセンシャル思考を読む敷居が高かったためこちらから読んだ
    こちらだけでザッと内容は頭に入ってきた。選択と集中。スマホチラチラ見ながら本を読んでいたことを反省し集中して本を読めるようになりたい

  • ◯漫画だし、立ち読みでもいいかなって感じだったけど購入。繰り返し読みたいところでもあるかなー。ユースケースがうまく作れなくて同僚とやってて、遊びが大事だよねって言ってたのをしみじみ思い出したわー。遊び大事。

  • 勝間和代さんの「断る力」に似てるな。
    この主人公みたいな人に必要なスキルなんでしょうね。
    すごくモチベーションが高くて、創造性がある人。
    そんな人が、いい人だと残念になるなんて良くない社会ですよね。

全24件中 1 - 10件を表示

マンガでよくわかるエッセンシャル思考のその他の作品

マンガでよくわかる エッセンシャル思考 Kindle版 マンガでよくわかる エッセンシャル思考 グレッグ・マキューン

グレッグ・マキューンの作品

マンガでよくわかるエッセンシャル思考を本棚に登録しているひと

ツイートする