わたしが子どもをもたない理由(わけ)

著者 : 下重暁子
  • かんき出版 (2017年5月24日発売)
3.60
  • (0)
  • (3)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :29
  • レビュー :5
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784761272555

わたしが子どもをもたない理由(わけ)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 「私がこどもをもたない理由(わけ)」 下重暁子
    ------------------------------------------------------------
    産む。産まない。産めない。産みたかった。産まなかった。子どもを育てる。誰かと暮らす。ひとりで生きる。女の人生には、いくつもの選択肢といくつかの決断がある。子どもを産むことは、義務でも務めでもない。一つの選択だ。
    「BOOK」データベースより
    ------------------------------------------------------------
    女の働き方や生き方系の話はやはり興味があるので気になって購入~。
    子無し夫婦生活を選択した著者の主張&エッセイ的な感じ。
    面白かったけど、私自身がこの本でいうところの典型的な子持ち夫婦世帯で著者と違う立場ということもあるので、何を書いてもどっかで角が立ってしまいそうで、とてもとても感想を書きにくい。

    私は結婚も子供を持つことも最初から望んでいたタイプです。
    その願望の根源はどこから?と言われると、「社会」とか「シンデレラ的な物語」からの刷り込みなんだろうと思います。
    そこの刷り込みに疑問を持つような機会もなく、そのまま来ちゃった感じ。
    お姫様がでてくるストーリーは、よくも悪くも古典的な考え方を女子に植え付けるよね。。。

    個人的には、
    「みんな自分が最大限楽しいと思うように生きたらいいじゃん」
    と考えてるので、
    結婚したくて結婚できるならすればいいし、
    したくないならしなくていいし、
    子供も欲しくてその機会があるなら頑張ってみればいいし、
    いらないなら別に子供を持たなくていいと思う。
    回りがなんか言うこともあるからイライラするだろうけど、自分が「これだ!」って思って人生を謳歌できてるならなんかそういう周囲の言葉も聞き流せることが多いのではなかろうか。。。

    この本の最後に子供をもたない人生を選択した人たちのコメントがいくつか載ってたけど、自分で選んでるから、なんかサッパリしてるというか、色々あるけどトータルで楽しいんだろうな、という感じがした。

    「子供がほしいけどできない」と
    「結婚したいけどできない」
    という、願望と現実がマッチできないパターンは難しい。
    どちらも1人でできることじゃないし、願望を現実にするには個人の努力では限界がある。

    私は、「結婚したいけどできない」になる可能性がかなーりあったので、自分が結婚しなかった場合どうなってたのか、よく考えたりします。
    どこかの時点で自分の願望とか寂しいという感情に折り合いをつけて、考え方を切り替えないと心の底からハッピーになるのは難しいように思うんだけど、それが結婚しなかった自分にできてたかどうかは正直かなりあやしい。。。
    願望に折り合いつけられないまま、卑屈さとひがみっぽさが増長して、すごくよくない方向に進んでしまっている可能性の方が大きい。
    自分の考え方を変えるのは、世界を変える手っ取り早い方法なんだけど、一番難しいところでもあると思うので、自分1人の力でその境地に至れたとは思えない。
    なので、既存の典型的な女の生き方を選ばなかった人とか、結婚したかったけど自分の気持ちを整理して卑屈にならずご機嫌に暮らしてる人をみると心の底からかっこいいなぁと思う。

    この著者も書いてたけど、「家族」の定義が男女とその血縁に限られてるのも、多様性や、典型的な道を生きられない人の自由を奪ってるよなぁと思う。
    たとえば私だったら、結婚したくてもできなかったとき、1人でハッピーに生きられる自信はないけど、気のあう友人と家族になって子供を養子でそだてることが選択肢としてあったらすごく良いな、とは思う。
    私は異性愛者なので同性に恋愛感情はもたないけど同性と暮らすのは楽しかったし、子育てするときは男女より女同士の方がうまく回ることも多いような気がする。
    血よりも気持ちの繋がりの方が子育てにはいい影響を与えると思うので、チームワークよく生活を回せるなら同性同士でも別に問題ないんじゃなかろうか。
    外で異性から種だけもらって女同士で自分の子を育てたっていいだろうし。それが男同士だって別にいいし。
    人とコミュニケーションすること自体ハイレベルなことで、そのなかでさらにウマのあう人を探すことも大変なんだから、気が合う相手を見つけたときに性別にこだわってしまうのはもったいない。
    男女だろうが同性同士だろうがうまくいくときはうまくいくし、うまくいかないときはうまくいかないんだから、性別関係ないもんね。

    感想書くの、難しい。
    多分、何を書いてもこういうセンシティブな話は、どっかで誰かを傷つけてしまうんだろう。
    「みんな好きに生きればいい」って思ってるし、いろんな生き方を尊重したいと思ってるけど、それでも知らない間に何の気なしの発言で人を傷つけてることはあるだろうな。私、無神経だし。。。
    難しいね、表現って。
    表現しないのが平和に生きるには一番なのかもね。

  • 著者はちょっとつっぱりすぎのような気がするけれど、それでも、子供を持たないと決めた理由なんかは自分とほぼ同じ。
    なので、少子化に貢献できなかったということに関しての罪悪感が弱まった。
    ていうか、少子化問題と、子供を持つか持たない問題はそもそも別個の次元の問題よね。並列して語るものではないよね。

  • 367.1

  • 子どもを持つ責任について考えさせられた。
    巻末に子どもを持たない人へのインタビューも掲載されていて、作者以外の意見も読めた点が、作者個人のみの意見で終わらず良かった。

  • 気になるタイトルが新刊コーナーにあったので借りて読了。
    冒頭では世間的に子供を持つべきという風潮があるが、個人の自由であり、選択する自由がるというような内容が書かれており、共感しながら読んだ。
    ただ著者のもたない理由は少し特殊なのかなぁと思う。
    気持は私も分かる方ではあるし、「わたし」が「もたない理由」なのだから、タイトルに沿っているのだろうけど、自分自身にそこまでの理由があるのだろうかとも考えてしまう。(どんな理由であれ自分が納得して選択すれば良いのだが)
    中盤からは子供のいる家庭について、彼女の思う事が綴られているのだが、「それはどうだろう…?」と思う事も多かった。
    決めつけや悪くとらえ過ぎている点もあるんじゃないだろうかと。
    最後は著者と同じように子供を持たない家庭の思いや人生が書かれていて、参考になった。
    同じように「子供を産んだ理由」も知りたいなぁと思う。
    どうしても子供が欲しくて、とか、この本にもあったが「なんとなく」「ペット感覚で」以外の意見が知りたい。

全5件中 1 - 5件を表示

わたしが子どもをもたない理由(わけ)のその他の作品

下重暁子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

わたしが子どもをもたない理由(わけ)はこんな本です

ツイートする